ブラウザを更新してください。

お使いのMicrosoft Edgeブラウザは最新版ではありません。Buschのウェブサイトを十分にご活用いただくには、ブラウザの更新が必要です。

真空によるハンドリングとリフティング

真空ハンドリングおよび真空リフティング。部品をある場所から別の場所に優しく移動させたり、 加工中に所定の位置に固定したりするための方法です。

真空ハンドリング用の吸着パッド
既存の真空ポンプをBusch製品に切り替えたことで、故障の発生率が低減され、ポンプの耐用年数も延びました。しかも、以前のポンプメーカーよりもサポートが充実しています。
AMAG、テクニカルプロセッサー、Hermann Feichtenschlager氏(オーストリア/ランスホーフェン)

真空によるハンドリングとリフティングの仕組み

現代では、真空を使ったハンドリングやリフティングなしの製造プロセスは考えられないほどになっています。ダンボールを素早く確実に積んだり、ガラスパネルを移動させたり、機械加工するために木製部品を保持したり、船や車両への重い物品の積み下ろしを行うには、他に方法がありません。

これは、巧妙でありながらシンプルな方法です。
吸着パッド、バキュームプレートあるいはバキュームテーブルを利用して吸引を活用し、 物体をしっかり保持します。
吸着パッド、バキュームプレートあるいはバキュームテーブルを利用して吸引を活用し、 物体をしっかり保持します。 この非常に効果的な方法を利用すると、物体の移動、リフティング、搬送のほか、製造プロセスへの原料の供給も可能となります。あるいは、加工中にパーツを優しくかつしっかりと固定することもできます。

このような理由から真空テクノロジーは多くの自動製造プロセスで利用されています。たとえば、木材加工では、木製部品を製造ラインの工程間を移動させたり、加工装置に固定するのに真空が使われます。他にも、エレクトロニクス、食品、および包装業界のピックアンドプレース用途にも利用されています。さらに印刷業界では、紙にしわをつけずに搬送するためにも使用されます。

ハンドリング、リフティング向けBuschの真空テクノロジー

材質、サイズ、および表面の形状に応じてさまざまな真空テクノロジーが利用されます。気体の透過性が高い素材の場合は、サイドチャンネルブロワーが適しています。伐採したばかりの木材には、オイル潤滑ロータリーベーン真空ポンプやドライクロー真空ポンプを利用できます。その他の表面が滑らかな素材については、ドライ式ロータリーベーン真空ポンプが、保持、リフティングあるいは搬送に最適な選択肢となります。

幅広い製品ラインナップにより、当社はどのようなハンドリングおよびリフティング用途でもそれに最適なソリューションを提供します。プロセスや用途を問わず、当社にお任せください。

真空によるハンドリングとリフティングの詳細

真空ハンドリングまたはリフティングとは何ですか ?

ハンドリングとリフトの原理は似ています。真空ユニットに接続された吸盤で、袋、木板、プラスチック板、または射出成形部品などの製品を吸着します。差圧により部品は吸盤にしっかりと固定されます。このようにして、製品を固定して加工したり、運んだりすることができます。

ハンドリングおよびリフティングプロセスのどこで真空は使われますか ?

ハンドリングとリフティングは、自動化プロセスでの一般的な真空用途です。例えば、ロボットや産業機械、射出成形やパレタイジングなどです。吸着パッド、バキュームプレートあるいはバキュームテーブルを利用して吸引し、 物をしっかり保持します。

真空ハンドリングまたはリフティングの、代替技術と比較した利点は何ですか?

真空ハンドリングおよびリフティング技術は、製品の形状や表面の状態にフレキシブルに対応できます。真空吸着パッドを使用することで、製品の機械的破損を防ぐことができます。また、真空ハンドリングおよびリフティング設備は、他の機械装置に比べてはるかにコンパクトです。

ハンドリングとリフティングに最適な真空ポンプはどれですか ?

ハンドリングやリフティング機器では様々な作業が行われるため、これらの用途に対応する真空ポンプも様々です。ドライ式およびオイル潤滑式ロータリーベーンポンプから、サイドチャネルブロワーまで幅広く利用されます。

Buschの真空テクノロジーをハンドリングやリフティング用途に使用する例をいくつか挙げてください。

Buschの真空テクノロジーは、製造工程における自動マテリアルハンドリング、梱包された製品のパレタイズ、船舶や車両などの積み荷の上げ下げに利用されています。また、木材加工機械や包装機械ではワークや製品のクランピングに、印刷機械では紙の供給や輸送にも使用されます。さらに、Buschの真空テクノロジーは、電子機器、食品、部品包装など、多くの業界のピックアンドプレースで重要な役割を果たしています。

真空ハンドリング / リフティングシステムを導入する際に考慮すべき重要なポイントは何ですか ?

真空ハンドリングまたはリフティングシステム導入時に考慮すべき最も重要な要因は、ワークの材質と重量、吸着カップの直径と数、およびロボットアームの動作速度です。

包装業界の真空ハンドリング

包装業界の真空ハンドリング
カートナーの仕組み

カートナーは、カートンを組み立て、製品を詰め、封をする用途で広く利用されてる装置です。まず、機械によってカートンブランクがピックアップされ、所定の位置で折り成形されます。このようにして作られたカートンボックスに、医薬品や瓶詰の食品、化粧品などの製品が充てんされ、 最後にふたが閉じられて密閉されます。

この種の包装では、真空が重要な役割を果たします。たとえば、積み重ねられたカートンブランクから1枚を吸着パッドでピックアップしたり、 折り曲げたカートンを立てる工程で真空が利用されます。

最適な製品

木材加工業界の真空ハンドリング

木材加工業界の真空ハンドリング
木材加工業界のハンドリングおよびクランプ装置の仕組み

真空は、木材加工業界のさまざまなプロセスで利用されています。製造ライン内でのワークの搬送だけでなく、加工中に部品を木材加工装置に固定するためにも利用されます。

木材加工において最も重要な真空の用途の1つは、CNCルーターやその他の機械加工装置上でのクランピングです。ここでは、各種パネル素材や無垢材を素早く確実にクランプするために、真空の吸着力を使います。このとき、吸引の跡が残ったり木材が損傷したりすることはありません。各種CNCルーターや加工センターでは、グリッドテーブル、グリッドテーブル上のネスティング、真空吸着ブロック付きコンソールという3種類の真空クランピング方法を利用しています。

ハンドリング装置および組み立てロボットでも、多くの場合は真空による保持力を活用しています。たとえば製造ラインの最終工程では、最終製品をパレットに積み上げるために、真空吸引装置を搭載したロボットが利用されるケースが多くなっています。

最適な製品

実際の真空によるハンドリングとリフティング

  • アルミニウムシートのクランプに利用する真空生成における省エネ

    アルミニウムシートのクランプに利用する真空生成における省エネ

    詳細情報
  • 圧力制御の真空テクノロジーが省エネに貢献

    圧力制御の真空テクノロジーが省エネに貢献

    詳細情報
  • フロントガラス製造ラインの効率化を支える真空ソリューション

    フロントガラス製造ラインの効率化を支える真空ソリューション

    Fuyao Europe

    詳細情報