ブラウザを更新してください。

お使いのMicrosoft Edgeブラウザは最新版ではありません。Buschのウェブサイトを十分にご活用いただくには、ブラウザの更新が必要です。

FOSSA

スクロール真空ポンプ

fossa_fo_0035_a

FOSSAスクロール真空ポンプの設計には、最新のシングルサイドスクロール技術を採用しています。ドライ圧縮方式と高気密構造を併せ持った製品となっています。

低騒音、低振動により、中真空領域の分析および科学用途に最適なソリューションとなっています。これらの分野における長年の実績により、高い評価を得ています。

動作原理

FOSSAスクロール真空ポンプは、一対の固定および旋回スクロールによって構成されています。旋回スクロールは、固定スクロール内で動きます。

旋回スクロールの動きにより外周部に空間ができると、吸気口からガスが取り込まれます。旋回が続き、スクロール間で捕捉されたガスは内周側に向かって移送されます。最終的には2つのスクロールの中心にある排気口から排出されます。

FOSSA FO

fossa_fo_0035_a
分析、科学分野の用途に適した高気密性

  • 高気密構造
  • 静かな運転音
  • 最小限の運用コスト
  • 最小限のメンテナンス
  • ドライ運転

FOSSA FOシリーズのメリット

FOSSA FOスクロール真空ポンプは、今日の分析および科学用途の中真空生成に求められるすべての条件を備えています。

ガス回収や貴ガスを扱うシステム、ヘリウムリークディテクター、コーティングシステム、またはターボ分子ポンプのバックポンプに最適なソリューションです。

高気密構造により、完全にドライで信頼性の高い圧縮を実現します。金属製ベローズと静的シールにより、吸引したガスと周囲空気との間の気密性が確保されるため、 プロセスガスの汚染やリークが防止されます。

シャフトシールがなく、終身潤滑ベアリングが採用されているため、FOSSA FOにはメンテナンスがほとんど必要ありません。必要なサービス作業はスクロールのチップシール交換のみです。交換は簡単で特殊な工具も不要なため、ご利用の場所でお客様自身で行っていただけます。

低騒音、低振動のため、静かな環境での使用にも適します。

FOSSA FOのすべての製品

  • FOSSA FO 0015 A
    FOSSA FO 0015 A

    到達真空度:

    設計排気速度:

    詳細情報
  • FOSSA FO 0035 B
    FOSSA FO 0035 B

    到達真空度:

    設計排気速度:

    詳細情報