ブラウザを更新してください。

お使いのMicrosoft Edgeブラウザは最新版ではありません。Buschのウェブサイトを十分にご活用いただくには、ブラウザの更新が必要です。

ルーツ真空ポンプおよびブロワー

rendering_tyr_wt_0150_bp_3_4_cut_72dpi_rgb_isolated
rotary_lobe_technology_animation_2d_thumnbnail

動作原理

ルーツ真空ポンプおよびブロワーの仕組み

ルーツ真空ポンプおよびブロワーの動作原理は、定評のあるルーツ方式です。ハウジング内で並列に配置された2本のローターは 3葉で、互いに反対方向に回転します。ローターの回転によりガスを捕捉し、圧縮して次のステージまたは排気口へ移送します。

ローター同士、あるいはローターとハウジングが接触することはありません。したがって、プロセスチャンバー内に潤滑剤や作動流体は不要です。

2本のローターは、圧縮チャンバーから切り離され、ギアボックスのシャフトの端に配置されている一対のギアによって駆動します。これにより、ローターの正確な同期運転が維持されます。

ルーツ真空ポンプおよびブロワーのラインナップ

当社の経験。当社の導入事例。

  • 吸引式空気輸送システム用の真空ポンプ

    吸引式空気輸送システム用の真空ポンプ

    バルク品の経済的な輸送

    詳細情報
  • 調節可能なルーツブロワーによる完璧な水処理

    調節可能なルーツブロワーによる完璧な水処理

    詳細情報