ブラウザを更新してください。

お使いのMicrosoft Edgeブラウザは最新版ではありません。Buschのウェブサイトを十分にご活用いただくには、ブラウザの更新が必要です。

水封式真空ポンプおよびコンプレッサー

rendering_dolphin_3_4_cut_300dpi_cmyk_isolated
thumbnail_liquid_ring_technology

この動画をご覧になるには、クッキーの受け入れを許可していただく必要があります。

Accept marketing-cookies

動作原理

適当量の封液を入れたハウジング内で、偏心して取り付けられたインペラーが回転します。インペラーブレードが封液に浸り、インペラーの回転とそれに伴う遠心力によりハウジング内にいわゆるリキッドリングを形成します。

吸引されたガスがインペラーブレードとリキッドリングに囲まれた空間で捕捉されます。偏心した位置に取付けられたインペラーが回転することで、この空間の容積が変化し、 ガスの吸引、圧縮、排気が行われます。

1段式バージョンでは、圧縮は1度実行されます。2段式バージョンでは、吸引されたガスが再度圧縮され、より高い真空レベルに到達することができます。

封液は通常はですが、プロセス条件で必要な場合には、他の液体を使用することも可能です。

水封式真空ポンプの封液システムには、シンプルなワンパス(循環なし)、部分循環、完全循環といったシステムがあります。また、コンプレッサーとしてもお使いいただけます。

水封式真空ポンプおよびコンプレッサーのラインナップ

dolphin_lt_0170_a
DOLPHINは、Buschの堅牢な水封式真空ポンプおよびコンプレッサーです。長年にわたる使用経験と、継続的な水封技術の開発経験が、このシリーズに生かされています。

DOLPHIN製品ファミリーのご紹介

当社の経験。当社の導入事例。

  • 今年の「Innovation in Vacuum Busch Award」受賞者はQuantafuel ASA

    今年の「Innovation in Vacuum Busch Award」受賞者はQuantafuel ASA

    プラスチック廃棄物を有益な製品にアップグレード

    詳細情報
  • 水封式真空ポンプ - 伝統的かつ最先端の真空テクノロジー

    水封式真空ポンプ - 伝統的かつ最先端の真空テクノロジー

    詳細情報