ブラウザを更新してください。

お使いのMicrosoft Edgeブラウザは最新版ではありません。Buschのウェブサイトを十分にご活用いただくには、ブラウザの更新が必要です。

Buschの純正オイルドレンバルブ

R5真空ポンプのオイル交換を容易化。工具不要、汚れることもなく、消耗部品のコストも発生しません。90%の迅速化を実現。

busch_oil_drain_valve_stage

従来のオイル交換の場合、必ずこぼれたり手が汚れたりします。Buschのオイルドレンバルブを利用すると、これらの問題がすべて解消されます。シリコンのホースを挿入し、それを回すという簡単な2つの手順だけでオイル交換を実行できます。

busch_oil_drain_valve_thumbnail

この動画をご覧になるには、クッキーの受け入れを許可していただく必要があります。

Accept marketing-cookies

オイル交換の革命

時間とコストを節約

  • 最高で90%の迅速化を実現
  • 消耗部品のコストを最小限に抑えます
  • 短期間で投資回収

取り扱いが簡単

  • システマチックなオイルのドレン
  • 汚れない
  • 工具不要

安全性と信頼性の高さ

  • 消耗部品なし
  • 高い信頼性
  • 耐久性の向上

FAQ

従来のオイル交換とBuschのオイルドレンバルブを使用した場合の違いはどのようなものですか?

従来のオイル交換の場合、必ずこぼれたり手が汚れたりします。

Buschのオイルドレンシステムは、オイル交換を安全かつ清潔に、作業時間を最大90%短縮します。

どのような部品が付属していますか?


オイルドレンバルブオイルドレンホースオイルドレンバルブキット
V947 209 320V570 233 832V947 209 321
  • バルブG1/2"、ステンレス
  • ガスケット、ステンレス
  • 保護キャップ
  • ブリスター包装、クイックガイド
  • ホースコネクター、ステンレス
  • シリコンホース、100 cm
  • ブリスター包装、クイックガイド
  • バルブG1/2"、ステンレス
  • ガスケット、ステンレス
  • 保護キャップ
  • ホースコネクター、ステンレス
  • シリコンホース、100 cm
  • ブリスター包装、クイックガイド

Buschのオイルドレンバルブの取り付け方を教えてください。

Buschのオイルドレンバルブは、既存のオイルドレンプラグと簡単に交換することができます。

1. 組み立てる前にオイルをドレンするために、約60°Cに予熱しておきます。
2. 現在取り付けられているオイルドレンプラグを取り外し、オイルをドレンします。
3. メカニカルガスケット付きのバルブをオイル排出口に取り付けます。
4. ねじを締め付けます(トルク約35 Nm)。
5. 保護キャップを付けます。
6. 新しいオイルを充填します。

Buschオイルドレンバルブを使ったオイル交換の方法を教えてください。

オイルを交換するには、保護キャップを取り外してシリコンホースを挿入します。4分の1回転させると、バルブが開き、オイルが付属の容器にドレンされます。ホースコネクターを外すと、バルブは自動的に閉じるため、あとは保護キャップを再び閉めるだけでOKです。

Buschのオイルドレンバルブではどのような技術が使われていますか?

Buschのオイルドレンバルブには、特許取得済みの、プラスチックを使用しない独自の
シーリングメカニズムが採用されています。これは完全ステンレスの設計となっており、オイルやその他の混入物の影響を受けません。

特許取得済みのシーリングメカニズムにより、耐久性が高く、確実に漏れを防止し、メンテナンスも不要です。追加のシーリング材や作業費などの隠れたコストもありません。

安価な印象のある一般的なポペットバルブと比べた場合、総所有コストの面でBuschのオイルドレンバルブはコスト効率で優れています。

sealing_mechanism

どのような真空ポンプに利用できますか?

Buschのオイルドレンバルブは、オイルドレン接続部口径がG 1/2"のすべてのR5真空ポンプに対応しています。

  • R5 RA 0025/0040 F
  • R5 RA 0063/0100 F
  • R5 RA 0155 A
  • R5 RA 0160–0302 D
  • R5 RA 0165–0305 D
  • R5 RA 0400–0630 C

寸法を教えてください。