ブラウザを更新してください。

お使いのMicrosoft Edgeブラウザは最新版ではありません。Buschのウェブサイトを十分にご活用いただくには、ブラウザの更新が必要です。

フリーズドライ

フリーズドライは 凍結乾燥とも呼ばれます。製品を優しく乾燥するための技法であり、 昇華という物理プロセスを利用します。

freeze_drying_strawberries

フリーズドライの仕組み

真空下でのフリーズドライは、デリケートな製品を損なうことなく乾燥させるために利用されています。ここでは、昇華と呼ばれる現象が利用されています。つまり、真空中では水が固体から直接気体になるということです。

フリーズドライのプロセスでは、まず、乾燥する製品を大気圧で凍らせます。通常は、極低温の液化ガスが利用されます。その後、製品を真空下に置くと、 製品中で凍った水分が水蒸気として簡単に抽出されます。

この方法で、水分を部分的、あるいは完全に除去することができます。たとえば、食品やデリケートな医薬品加熱することなく乾燥させることができます。その結果、製品の特性である成分や香りが損なわれることがありません。また、フリーズドライされた物質は、あとから簡単に水で戻すことができます。

どのような乾燥プロセスであっても、 お客様の要件に最適な真空ソリューションの選択をお手伝いいたします。

Buschのフリーズドライ用真空テクノロジー

どのような乾燥プロセスであっても、 お客様の要件に最適な真空ソリューションの選択をお手伝いいたします。

フリーズドライが利用されている用途をご紹介します

食品業界のフリーズドライ

たとえば、フリーズドライを利用すると、食品から水分を抽出することができます。ここでは、栄養、芳香成分、ビタミンの喪失の原因となる加熱や長時間の乾燥工程は不要です。

真空下でのフリーズドライ技法を利用すると、これらの重要な成分はほとんど影響を受けません。また、この方法で水分を除去すると、食品内の成分はほとんど変化しません。理想的な条件下では、凍結乾燥された食品を水で戻すと、生の食品とほとんど区別できなくなります。

凍結乾燥食品の一般的な例としては、インスタントコーヒーなどのインスタント飲料、スパイス、ミューズリー用のフルーツなどが挙げられます。フリーズドライの製品は宇宙空間で、 宇宙食の重要な食材として利用される場合もあります。

ソリューション

製薬業界のフリーズドライ

フリーズドライとは、デリケートな製品から水分を除去するための、素材を傷めない乾燥プロセスです。そのため、抗生物質、ワクチン、バクテリアなどの医薬関連物質の乾燥に最適です。これらの物質は、乾燥させるとより簡単かつ、安定した状態で輸送することができます。

水が個体から直接気体になって除去されるため、 物質を加熱したり物質にダメージを与えたりすることなく、水分を抽出できます。また、製品特性が変化することもありません。

ソリューション