ブラウザを更新してください。

お使いのMicrosoft Edgeブラウザは最新版ではありません。Buschのウェブサイトを十分にご活用いただくには、ブラウザの更新が必要です。

真空、加圧を使った空気輸送

空気輸送。バルク材料や粉体をパイプラインで輸送する際に、 空気の流れを利用します。運搬する物質に、気流のパルスが伝わります。

pneumatic_conveying

空気輸送の仕組みをご紹介します。

空気輸送は、バルク材料の運搬に効率的な、実証済みの方法です。粉塵、粉体、粒体、およびその他の流動化する物質などを 迅速かつ確実に 生産設備内のある地点から目的地へ運搬します。

当社では、使う技術によって空気輸送を2種類に分けて考えています。吸引式と加圧式です。違いは、真空と加圧のどちらが適用されるかという点にあります。

吸引式空気輸送システム

吸引式空気輸送システムは、繊細な物質の運搬に使用されます。目的は、大気との接触回避です。
従って、食品、医薬品、および化学業界では、吸引式の空気輸送システムが選ばれています。また、プラスチック加工アプリケーションにおける粒体の運搬にもこの方法が利用されています。
さらに、吸引方式は水分を含む物質も扱うことができるため、 含水廃棄物の処理や、粉砕された木屑の運搬にも利用できます。

加圧式空気輸送システム

加圧式の輸送システムは、真空を利用したものに似ていますが、 加圧によって動作するという点が異なっています。
バルク材料を、配管でつないだスタート地点から目的地まで吹き飛ばします。加圧式空気輸送では、高い差圧が可能となるため、 重い物質でも運搬することができます。たとえば、砂、石膏、セメントなどがこれに該当します。

空気輸送におけるBuschの真空テクノロジー

お客様の施設内で運搬するのがどのような物質であっても、 それらを安全かつ効率的に輸送するための完璧な真空または加圧ソリューションをご提案いたします。

空気輸送が利用されているアプリケーションをご紹介します

食品の吸引式空気輸送システム

吸引式空気輸送システムは食品を効率的かつ衛生的に運搬する手段です。ばらばらなってしまう粒体や粉体であっても、 真空ポンプによって生成された空気の流れの中で流動化し、 配管内を自在に移動します。

輸送システム内は真空状態のため、輸送対象と大気中の酸素との接触が最小限に抑えられます。それにより、製品の風味が保たれます。必要に応じて、運搬に二酸化炭素などの不活性ガスを利用することもできます。品質と新鮮さが長期間にわたって保たれます。

ソリューション

プラスチックペレットの吸引式空気輸送システム

吸引式空気輸送システムは、プラスチック業界で ペレットや接着剤を 押出成形機や射出成形機などの加工装置に送るためによく利用されています。

このような輸送システムにはいくつかのメリットがあります。たとえば、清潔で効率的かつほぼメンテナンスフリーであること。非常にスムーズな運搬が可能であること。原材料の過剰な摩耗や破損を回避できることなどが挙げられます。さらに、吸引式空気輸送システムは、再構成が比較的簡単であるため、 製造ラインの変更のコストも削減できます。

ソリューション

含水廃棄物の輸送

空気輸送は、含水廃棄物処理システムでよく利用されています。ホテル、病院、食堂などのほか、食肉処理場、水産加工場、クルーズ客船など 含水廃棄物や残飯の廃棄または再処理が必要な場所では、

真空を使った吸引式搬送システムで廃棄物を収集容器へ運びます。そこで廃棄物を細かく砕いて均一化し、後で回収されるまで保管します。これは、衛生的かつ効率的であり、環境にも優しいシステムです。廃棄物は再処理され、バイオガス、動物の飼料または肥料となります。

ソリューション

化学および製薬業界における吸引式空気輸送システム

空気輸送は、化学および製薬業界で広く利用される素材を傷めない運搬方法です。原材料、溶剤、中間体、および最終製品の粉体を 真空を利用して、スタート地点から目的地へ安全に輸送することができます。運搬中に有害な物質や可燃性の物質が環境中に漏出するリスクがありません。

爆発リスクの高い物質を扱う必要がある場合は、ATEX認証の真空ポンプを利用することで、さらに安全性が高まります。さらに、運搬中に製品が劣化することもありません。輸送システム内は真空状態のため、大気中の酸素との接触が最小限に抑えられます。

ソリューション

実際の空気輸送

  • 吸引式空気輸送システム用の真空ポンプ

    吸引式空気輸送システム用の真空ポンプ

    バルク品の経済的な輸送

    詳細情報
  • MINKクロー真空テクノロジーによる完璧な真空供給

    MINKクロー真空テクノロジーによる完璧な真空供給

    詳細情報
  • 材料供給に最新の真空テクノロジーを採用したことにより最大で70%の省エネを実現

    材料供給に最新の真空テクノロジーを採用したことにより最大で70%の省エネを実現

    詳細情報