ブラウザを更新してください。

お使いのMicrosoft Edgeブラウザは最新版ではありません。Buschのウェブサイトを十分にご活用いただくには、ブラウザの更新が必要です。

真空、加圧を使った空気輸送

空気輸送。バルク材料や粉体をパイプラインで輸送する際に、 空気の流れを利用します。運搬する物質に、気流のパルスが伝わります。

pneumatic_conveying

空気輸送の仕組みをご紹介します。

空気輸送は、バルク材料の運搬に効率的な、実証済みの方法です。粉塵、粉体、粒体、およびその他の流動化する物質などを 迅速かつ確実に 生産設備内のある地点から目的地へ運搬します。

当社では、使う技術によって空気輸送を2種類に分けて考えています。吸引式と加圧式です。違いは、真空と加圧のどちらが適用されるかという点にあります。

吸引式空気輸送システム

吸引式空気輸送システムは、繊細な物質の運搬に使用されます。目的は、大気との接触回避です。
従って、食品、医薬品、および化学業界では、吸引式の空気輸送システムが選ばれています。また、プラスチック加工アプリケーションにおける粒体の運搬にもこの方法が利用されています。
さらに、吸引方式は水分を含む物質も扱うことができるため、 含水廃棄物の処理や、粉砕された木屑の運搬にも利用できます。

加圧式空気輸送システム

加圧式の輸送システムは、真空を利用したものに似ていますが、 加圧によって動作するという点が異なっています。
バルク材料を、配管でつないだスタート地点から目的地まで吹き飛ばします。加圧式空気輸送では、高い差圧が可能となるため、 重い物質でも運搬することができます。たとえば、砂、石膏、セメントなどがこれに該当します。

空気輸送におけるBuschの真空テクノロジー

お客様の施設内で運搬するのがどのような物質であっても、 それらを安全かつ効率的に輸送するための完璧な真空または加圧ソリューションをご提案いたします。

真空および加圧による空気輸送の詳細

空気輸送とは何ですか ?

空気輸送は、バルク品を生産現場内で A 地点から B 地点まで効率的かつ確実に輸送するために使用されます。粉末や顆粒など流動性のある物質を、密閉されたパイプラインを通じ移動させます。これは、圧力の違いと気流で実現します。後者は、吸引式空気輸送において真空を使うことで、圧送式空気輸送においては加圧をかけることで生じます。吸引の場合、物質はパイプラインを通して吸引され、周囲の空気との接触は避けられます。加圧を利用する場合、バルク材はパイプラインに沿って供給源から供給先まで吹き飛ばされます。

含水廃棄物輸送の仕組みは?

廃棄物は、真空コンベヤで収集容器へ運ばれます。容器に入れた後、細断し、均質化し、後で回収するために保管します。回収は通常タンク車で行い、収集容器からタンクへの移送も真空コンベヤを使います。
含水廃棄物の輸送は、低濃度輸送と高濃度輸送の2つにわけることができます。低濃度輸送の特徴は、大風量と高速です。高濃度輸送では、風量と速度は低くなり、差圧は高くなります。

吸引式空気輸送システムはどのような仕組みですか ?

吸引式空気輸送は、パイプラインの輸送先側を真空にしたシステムです。こうすることで、物質は密閉されたパイプラインの中を吸引されて移動します。吸引式輸送システムは主に低濃度輸送に使われます。このタイプのシステムが採用されるのは主に、複数の輸送元から1か所の輸送先へ運ぶアプリケーションです。

圧送式空気輸送システムはどのような原理ですか?

圧送式空気輸送システムは加圧を使います。バルク材を、配管でつないだ輸送元から目的地まで吹き飛ばします。このシステムは、高い差圧を実現し、重い製品も輸送することができます。

空気輸送のどこで真空または加圧が使用されますか?

真空は、吸引式空気輸送システムにおいて、バルク材をパイプラインを通じ吸引するのに使われます。圧送式空気輸送では、材料を供給源から目的地まで押し出すために加圧が使われます。

機械的な輸送方法と比較した場合、空気輸送の利点は何ですか ?

空気輸送ユニットは、設置の面で柔軟性があります。機械的な輸送システムに比べ、パイプラインに必要なスペースが少なくて済みます。さらに、埃もなく、クロスコンタミネーションも回避できます。もう1つの利点は、システム内の回転部品のメンテナンスが低減されることです。

空気輸送に最適な真空ポンプ/コンプレッサーはどれですか?

吸引式、圧送式空気輸送に最適な製品は、ルーツブロワーサイドチャネルブロワー、ドライクロー真空ポンプおよびコンプレッサーです。ロータリーベーン真空ポンプも吸引式空気輸送システムに使用することができます。用途によっては水封式真空ポンプも選択肢に入ってきます。

空気輸送プロセスに最適なBuschの真空ポンプはどれですか?

MINK真空ポンプは、デリケートな物質の吸引式空気輸送に適した、経済的で信頼性の高いクリーンなソリューションです。吸引した空気の圧縮には、潤滑油や作動液を使いません。そのため、メンテナンスはほぼ不要です。MINKクロー真空ポンプ以外では、実績の豊富なR5ロータリーベーン真空ポンプも使用されます。より高い真空レベルが必要な場合に適しています。輸送する量が比較的多いときはSAMOSサイドチャネルブロワーまたはTYRルーツブロワーが選択肢の筆頭に挙げられます。
上記のいずれの真空ポンプも、それぞれの圧力領域で極めて効率的に動作します。

ブッシュの真空テクノロジーを空気輸送用途に応用した例を教えてください。

Buschの真空ポンプは、食品、粉体、プラスチックペレットの吸引輸送に世界中で利用されています。当社のソリューションは、バルク材の圧送式空気輸送や、含水廃棄物の廃棄や再処理のための輸送にも役立っています。Buschの集中真空システムは、大型あるいは複雑な輸送装置向けに特別に設計されています。お客様の希望があれば、分岐装置や制御システムも含め、お客様サイトで据え付けまで行います。

空気輸送システムを導入する際に考慮すべき重要なポイントは何ですか?

空気輸送システムを検討する際に重要なのは、必要な排気速度と真空レベルです。他にも輸送速度、輸送する物質の特性、輸送距離、パイプの直径も重要です。
しかし、万能な空気輸送ソリューションというものはありません。お客様のニーズに合った最適なソリューションを設計するには、普遍的な要素も入れるべきでしょう:

安心感
最良の真空システムとは、お客様が心配する必要のないシステムです。要件を満たす性能を備え、 止まることなく、信頼性の高い稼働が求められます。そのようなシステムを作るには、適切な技術と適切なコンポーネントを組み合わせる必要があります。そして、必要な保護や安全センサー。暖機運転やシャットダウンサイクルなど、正しい操作手順もトラブルのない操作の重要な要素です。

安全性
空気輸送、真空コンベヤ、プラスチック輸送システムなどが、作業者に危険を及ぼすことは許されません。爆発性、可燃性、および有毒な成分を扱う際には、この点が特に重要です。この場合、真空システムは、ATEX、IECEX、Ex-Proof、KOSHAなど、お客様の地域の防爆規格に準拠する必要があります。また、有害物質のリークを防ぐためには、適切なレベルのリーク防止策が必要です。この場合、ダブルメカニカルシールやバリアガスなど専用オプションが推奨されます。

所有コスト
初期投資だけに注目することは、空気輸送、真空コンベヤ、プラスチック輸送システムなどの総所有コストを最適化する最良の方法ではありません。その他にも考慮すべき重要なパラメーターがあります:システム設計、またそれに適した技術の選択です。適切な動作条件を設定することで、メンテナンスにかかるコストを削減し、無駄を省くことができます。さらには、真空システムを包括的にとらえることも重要です。たとえば、配管が細すぎると、システムの性能が大きく損なわれる可能性があります。

エネルギー効率
空気輸送、真空コンベヤ、プラスチック輸送システムなどのエネルギー消費量は、重要な選択条件です。運転圧力に応じて、さまざまな技術が考えられます。さらに、真空需要に対する制御も重要です。最近では、ほとんどのシステムが、真空の需要が低いときに消費電力を抑えられるよう、可変速ドライブを利用しています。

長寿命
真空システムの耐用年数を延ばすためには、いくつかのパラメーターを考慮する必要があります。その1つが、適切な技術と適切なポンプ構成です。一方で、システムを適切に使用することも重要です。多くの場合、工場出荷時の性能を維持するためには、CIP(クリーンインプレース)を含むウォームアップとシャットダウンのサイクルが必要です。

システム更新によるコスト削減
真空需要を含め、お客様のプロセスが変化している場合があります。変化は、このような疑問につながります:お使いのシステムが今でもニーズに合っているでしょうか?エネルギー効率は最善でしょうか?真空システムの更新や交換の際には、設備全体を見直すことが重要です。当社は、最適化のお手伝いをいたします。

プラスチックペレットの吸引式空気輸送システム

吸引式空気輸送システムは、プラスチック業界で ペレットや接着剤を 押出成形機や射出成形機などの加工装置に送るためによく利用されています。

このような輸送システムにはいくつかのメリットがあります。たとえば、清潔で効率的かつほぼメンテナンスフリーであること。非常にスムーズな運搬が可能であること。原材料の過剰な摩耗や破損を回避できることなどが挙げられます。さらに、吸引式空気輸送システムは、再構成が比較的簡単であるため、 製造ラインの変更のコストも削減できます。

ソリューション

食品の吸引式空気輸送システム

吸引式空気輸送システムは食品を効率的かつ衛生的に運搬する手段です。ばらばらなってしまう粒体や粉体であっても、 真空ポンプによって生成された空気の流れの中で流動化し、 配管内を自在に移動します。

輸送システム内は真空状態のため、輸送対象と大気中の酸素との接触が最小限に抑えられます。それにより、製品の風味が保たれます。必要に応じて、運搬に二酸化炭素などの不活性ガスを利用することもできます。品質と新鮮さが長期間にわたって保たれます。

ソリューション

化学および製薬業界における吸引式空気輸送システム

空気輸送は、化学および製薬業界で広く利用される素材を傷めない運搬方法です。原材料、溶剤、中間体、および最終製品の粉体を 真空を利用して、スタート地点から目的地へ安全に輸送することができます。運搬中に有害な物質や可燃性の物質が環境中に漏出するリスクがありません。

爆発リスクの高い物質を扱う必要がある場合は、ATEX認証の真空ポンプを利用することで、さらに安全性が高まります。さらに、運搬中に製品が劣化することもありません。輸送システム内は真空状態のため、大気中の酸素との接触が最小限に抑えられます。

ソリューション

含水廃棄物の輸送

空気輸送は、含水廃棄物処理システムでよく利用されています。ホテル、病院、食堂などのほか、食肉処理場、水産加工場、クルーズ客船など 含水廃棄物や残飯の廃棄または再処理が必要な場所では、

真空を使った吸引式搬送システムで廃棄物を収集容器へ運びます。そこで廃棄物を細かく砕いて均一化し、後で回収されるまで保管します。これは、衛生的かつ効率的であり、環境にも優しいシステムです。廃棄物は再処理され、バイオガス、動物の飼料または肥料となります。

ソリューション

no_301_graphicsforfishfarmingpage_videothumbnail_1920x1080px_ll

空気輸送が利用されているアプリケーションをご紹介します

食品の吸引式空気輸送システム

吸引式空気輸送システムは食品を効率的かつ衛生的に運搬する手段です。ばらばらなってしまう粒体や粉体であっても、 真空ポンプによって生成された空気の流れの中で流動化し、 配管内を自在に移動します。

輸送システム内は真空状態のため、輸送対象と大気中の酸素との接触が最小限に抑えられます。それにより、製品の風味が保たれます。必要に応じて、運搬に二酸化炭素などの不活性ガスを利用することもできます。品質と新鮮さが長期間にわたって保たれます。

ソリューション

プラスチックペレットの吸引式空気輸送システム

吸引式空気輸送システムは、プラスチック業界で ペレットや接着剤を 押出成形機や射出成形機などの加工装置に送るためによく利用されています。

このような輸送システムにはいくつかのメリットがあります。たとえば、清潔で効率的かつほぼメンテナンスフリーであること。非常にスムーズな運搬が可能であること。原材料の過剰な摩耗や破損を回避できることなどが挙げられます。さらに、吸引式空気輸送システムは、再構成が比較的簡単であるため、 製造ラインの変更のコストも削減できます。

ソリューション

含水廃棄物の輸送

空気輸送は、含水廃棄物処理システムでよく利用されています。ホテル、病院、食堂などのほか、食肉処理場、水産加工場、クルーズ客船など 含水廃棄物や残飯の廃棄または再処理が必要な場所では、

真空を使った吸引式搬送システムで廃棄物を収集容器へ運びます。そこで廃棄物を細かく砕いて均一化し、後で回収されるまで保管します。これは、衛生的かつ効率的であり、環境にも優しいシステムです。廃棄物は再処理され、バイオガス、動物の飼料または肥料となります。

ソリューション

化学および製薬業界における吸引式空気輸送システム

空気輸送は、化学および製薬業界で広く利用される素材を傷めない運搬方法です。原材料、溶剤、中間体、および最終製品の粉体を 真空を利用して、スタート地点から目的地へ安全に輸送することができます。運搬中に有害な物質や可燃性の物質が環境中に漏出するリスクがありません。

爆発リスクの高い物質を扱う必要がある場合は、ATEX認証の真空ポンプを利用することで、さらに安全性が高まります。さらに、運搬中に製品が劣化することもありません。輸送システム内は真空状態のため、大気中の酸素との接触が最小限に抑えられます。

ソリューション

実際の空気輸送

  • 吸引式空気輸送システム用の真空ポンプ

    吸引式空気輸送システム用の真空ポンプ

    バルク品の経済的な輸送

    詳細情報
  • MINKクロー真空テクノロジーによる完璧な真空供給

    MINKクロー真空テクノロジーによる完璧な真空供給

    詳細情報
  • 材料供給に最新の真空テクノロジーを採用したことにより最大で70%の省エネを実現

    材料供給に最新の真空テクノロジーを採用したことにより最大で70%の省エネを実現

    詳細情報