ブラウザを更新してください。

お使いのMicrosoft Edgeブラウザは最新版ではありません。Buschのウェブサイトを十分にご活用いただくには、ブラウザの更新が必要です。

真空乾燥

真空乾燥とは、 真空を利用して物質中の水分を除去する熱分離プロセスです。これにより、低温、短時間での乾燥が可能となります。

vacuum_drying_salad

真空乾燥の仕組み

真空乾燥は、物質を素早く、優しく、かつエネルギー効率の高い方法で乾燥させる目的で、多様な産業で利用されています。対象物に含まれている液体が、減圧によって蒸発し、ベーパーとして抽出されます。

そのため、この技法は、熱を使った乾燥方法では破壊や劣化が生じるような繊細な製品の乾燥に特に適しており、 化学薬品、医薬品、食品などの分野に導入されています。

さらに、真空乾燥は、表面積が大きな製品の乾燥にも適した製造方法です。たとえば、プラスチック粒やその他の吸湿性のある材料および産業用コンポーネントがこれに該当します。

Buschの真空乾燥用真空テクノロジー

当社は、これらのあらゆる乾燥プロセスや その他多くの用途向けに最適な真空発生器を提供しています。

真空乾燥が利用されている用途をご紹介します

化学および製薬業界での真空乾燥

乾燥は、化学および製薬業界において最も一般的かつ重要なプロセスの1つです。ここでは、溶液や懸濁液から溶媒を除去し、乾燥した固形物を作ります。

水や液体が蒸発によって除去されますが、通常はここで加熱が必要となります。

しかし、真空にすると、液体の沸点を下げることができます。また、乾燥させる物質と周囲空気の酸素との接触を抑えることもできます。したがって、乾燥プロセス中に対象が変質することがありません。また、真空乾燥では爆発のリスクも抑えられるほか、大幅な省エネも実現します。

ソリューション

プラスチック業界の真空乾燥

真空乾燥は、プラスチック素材から水分を除去する目的で、プラスチック産業で一般的に利用されています。そのようにして乾燥した素材を成形、押出成形などに使います。

真空乾燥機では、真空によって水の沸点を下げることができるため、低温でプラスチックを優しく乾燥させることができます。この手法では材料が高温になるまで加熱する必要がなく、 乾燥時間が短縮され、素材変質のリスクも低減します。逆に、素材が長時間高温にさらされた場合には、変質する恐れがあります。

ソリューション

木材加工業界での真空乾燥

従来の方法での木材乾燥に替わって真空乾燥の利用が増えています。真空下では水の沸点が下がるため、より低い温度で木材を乾燥させることができます。

これには大きなメリットがあります。エネルギー消費量を大幅に抑えられるほか、 乾燥時間も短縮され、 熱に起因する乾燥不良も回避できます。乾燥プロセス中に酸素が存在しないというのも重要なメリットです。酸素と触れないことで、木材が本来の色を保つことができます。

ソリューション