定評あるテクノロジー、定評ある設計 -
最良のソリューションを実現

PUMA WP 0250 / 0500 D2/D4

  • 高効率性:
    最小限の運用コスト
  • 高信頼性:
    鋳鉄(GGG40)製で堅牢な構造、 微粒子に対する耐性を備えた 堅固なローターデザイン
  • 卓越した性能:
    効率的に高い排気速度を実現
  • サービスのしやすさ:
    最小限のメンテナンス
  • フレキシブル:
    用途に合わせ柔軟に適応できる よう、オプションで可変速駆動も ご用意
     

高い排気速度と最大圧力により、Puma WP メカニカルブースターポンプは、真空ポンプ の性能を高めます。Puma WPメカニカル ブースターポンプにはさまざまなサイズが 用意されており、バックポンプの性能を大幅 に高めたい場合やプロセスに最適なサイズ 選定をしたい場合に、低真空から中真空の 領域でフレキシブルに構成することが可能 です。Puma WP 0250/0500 D2/D4は、こ のシリーズで最も小型のメカニカルブース ターポンプです。Puma WP 0500 D4の特 徴は、極めて高い差圧です。

Puma WPは、あらゆるタイプのバックポン プに適応するメカニカルブースターポンプ です。バックポンプとメカニカルブースター ポンプの組み合わせを利用すると、真空シ ステムの排気速度と到達真空度を最高で 10倍にまで高めることができます。結果と して、通常なら大量のバックポンプを用いる ことでしか達成できない排気性能を、この 組み合わせで実現することができます。

Puma WPメカニカルブースターポンプの制 御は、真空スイッチで行うことが可能です。 スイッチをオンにしておくことで、設定圧力 に達するとブースターが作動するようにな ります。他にも、周波数コンバーターで制御 するタイプのPuma WPメカニカルブースタ ーポンプもご用意しております。

当社では各種アダプターを取り揃えており、 Puma WPメカニカルブースターポンプを システムの適所にフランジ留めすることも できます。


Puma – 性能の最適化を 経済的に実現

Puma – 性能の最適化を 経済的に実現

お問い合わせ
下記までお問い合わせください (Busch 日本):
+81 (0)463 50 4000 連絡先

技術仕様

技術仕様
Puma WPメカニカルブースターポンプのハ ウジング内では、2本のローターが同期回 転しています。ローターの特殊形状と精巧 な作りにより、ローター同士、あるいはロー ターとハウジングが接触することはありま せん。したがって、プロセスチャンバー内に 潤滑剤や作動流体は不要です。2本のロー ターは、プロセスチャンバーから切り離され た一対のギアによって駆動します。Pumaメ カニカルブースターポンプは、真空スイッチ と併せて利用できます。また、周波数コンバ ーターを利用し、メカニカルブースターポン プの性能をお客様の要件に合わせて調節 することもできます。Buschのメカニカルブ ースターポンプは直結式のIE3モーターで 駆動されます。

外形図 PUMA WP 0250/0500 D2/D4
PUMA WP 0250/0500 D2/D4
排気速度

20 °C空気の場合。誤差: ± 10%

50 Hz 60 Hz
排気速度
テクニカルデータ PUMA WP 0250 D4 PUMA WP 0500 D2 PUMA WP 0500 D4
設計排気速度 260 m³/h 520 m³/h 520 m³/h
排気速度 231 m³/h* 463** m³/h 458 m³/h**
最大差圧 80 hPa (mbar) 50 hPa (mbar) 80 hPa (mbar)
定格モーター出力 1.1 kW 2.2 kW 1.8 kW
定格モーター回転数 1500 min-1 3000 min-1 1500 min-1
質量 150 kg 150 kg 200 kg
外形寸法(L x W x H) 792 x 345 x 494 mm 813 x 345 x 494 mm 971 x 345 x 494 mm
ガスインレット/アウトレット DN 63 ISO / DN 63 ISO DN 63 ISO / DN 63 ISO DN 160 ISO / DN 160 ISO
* COBRA NC 0100をバックポンプとして使用 ** COBRA NC 0200をバックポンプとして使用

技術仕様

技術仕様
Puma WPメカニカルブースターポンプのハ ウジング内では、2本のローターが同期回 転しています。ローターの特殊形状と精巧 な作りにより、ローター同士、あるいはロー ターとハウジングが接触することはありま せん。したがって、プロセスチャンバー内に 潤滑剤や作動流体は不要です。2本のロー ターは、プロセスチャンバーから切り離され た一対のギアによって駆動します。Pumaメ カニカルブースターポンプは、真空スイッチ と併せて利用できます。また、周波数コンバ ーターを利用し、メカニカルブースターポン プの性能をお客様の要件に合わせて調節 することもできます。Buschのメカニカルブ ースターポンプは直結式のIE3モーターで 駆動されます。

外形図
PUMA WP 0250/0500 D2/D4
PUMA WP 0250/0500 D2/D4
排気速度

20 °C空気の場合。誤差: ± 10%

50 Hz
60 Hz
排気速度
テクニカルデータ PUMA WP 0250 D4 PUMA WP 0500 D2 PUMA WP 0500 D4
設計排気速度 260 m³/h 520 m³/h 520 m³/h
排気速度 231 m³/h* 463** m³/h 458 m³/h**
最大差圧 80 hPa (mbar) 50 hPa (mbar) 80 hPa (mbar)
定格モーター出力 1.1 kW 2.2 kW 1.8 kW
定格モーター回転数 1500 min-1 3000 min-1 1500 min-1
質量 150 kg 150 kg 200 kg
外形寸法(L x W x H) 792 x 345 x 494 mm 813 x 345 x 494 mm 971 x 345 x 494 mm
ガスインレット/アウトレット DN 63 ISO / DN 63 ISO DN 63 ISO / DN 63 ISO DN 160 ISO / DN 160 ISO
* COBRA NC 0100をバックポンプとして使用 ** COBRA NC 0200をバックポンプとして使用

ダウンロード

PUMA WP 0250 / 0500 D2/D4

ぴったりの製品が見つかりませんか?

Standard News

最新ニュース