ブラウザを更新してください。

お使いのMicrosoft Edgeブラウザは最新版ではありません。Buschのウェブサイトを十分にご活用いただくには、ブラウザの更新が必要です。

ショールームから救急病院へ:集中治療室向けのBusch真空システム。出典:Busch Vacuum Solutions。

マドリードで急遽建設された救急病院へ真空システムを納入

スペインでは、米国に続いて世界で2番目に多い148,220人の感染者が確認されています(2020年4月9日現在)。スペイン陸軍、消防隊員、数百人のボランティアが、マドリード国際展示場の展示ホールにわずか48時間で救急病院を設置し、診療体制を整えました。この救急病院は6,000人の患者に対応可能です。そのうち500人は集中治療が受けられ、人工呼吸器の使用も可能です。
必要な真空システムを最短時間で納入するため、Busch Spainは特別な方法を取りました。自社ショールームでトレーニングに使用していた真空システムを解体し、煩雑な手続きなしで即座にマドリードに納入したのです。この真空システムは、バッファタンクに取り付けた3台の R5ロータリーベーン真空ポンプと上流のバクテリアフィルターを装備しています。すでに稼働と接続が可能な状態だったため、即座に使用を開始できました。