ブラウザを更新してください。

お使いのMicrosoft Edgeブラウザは最新版ではありません。Buschのウェブサイトを十分にご活用いただくには、ブラウザの更新が必要です。

図1: Rheinfelsquellenの充填工場にある脱気槽(写真中央)。出典:Busch Vacuum Solutions.

水資源の保護に貢献する最新の真空テクノロジー

Rheinfelsquellen H. Hövelmann GmbH & Co. KG

持続可能性と環境保護は、飲料水事業を行う民間企業としてドイツ最大手であるRheinfelsquellen H. Hövelmann GmbH & Co. KGにとって、単なる文言ではなく本当の意味での深刻な問題です。 たとえば、2012年に導入されたエネルギーマネジメントシステム、DIN ISO 50001や、環境マネジメントシステム、DIN ISO 14001の認証などがそれを実証しています。このように、Rheinfelsquellen社では省資源が最優先されています。これは、同社が自治体の上水道からの水使用量を大幅に削減した理由の1つでもあります。ミネラルウォーターのデガッシングに最先端の真空テクノロジーを用いることで、1つの充填工場あたり年間で平均3,000 m3の節水が達成されました。ソリューションとして採用されたのは、既存の水封式真空ポンプをBusch Vacuum SolutionsのMINKクロー真空ポンプに交換することでした。

Rheinfelsquelle社について

Rheinfelsquellen社のルーツは1905年にまで遡ります。 同社は今ではドイツ最大手の民間水源としての発展を遂げており、現在のオーナー経営者は創業者の4代目にあたります。毎年、約7億リットルのミネラルウォーターおよびその他のソフトドリンクを生産しており、 Sinalco、Aquintel、Staatlなどの製品があります。また、ドイツ全土で販売されているFachingenブランドや、ノルトライン=ヴェストファーレン州で販売されているRheinfels Quelle、Römerwall、Burgwallbronn、Ardey Quelle、Urquell、Rheinperleなどのブランドもあります。Duisburg-Walsum工場の敷地には、リターナブルおよびワンウェイのペットボトル、瓶、リターナブルの小型樽を扱う計8つの充填工場があり、1時間あたりの充填本数は合計で21万本に上ります。

井戸水のデガッシングプロセス

充填工場では、井戸水からガスを抜くための脱気槽で、水封式真空ポンプが使用されていました(図1)。水封式真空ポンプの動作原理では、真空生成のための封液として水が必要となります。この水は、自治体の上水道網から引かれ、同じく自治体の下水道へ廃水として流されます。真空ポンプへの水の供給は部分循環回路で行われていましたが、 水温の上昇を抑えるために、常に真水を供給し続けなければなりませんでした。水の供給が必要となるのは、水封式真空ポンプの性能は水温によって決まるためです。技術的には、封液の温度が15℃で最高の真空レベルに到達するよう設計されています。回路内の水温が上がれば上がるほど、真空が損なわれていきます。しかし、脱気槽内で霧状になった井戸水から気体をすべて抽出するには、一定レベルの真空が必要となります。

Buschのソリューションとお客様にとってのメリット

Rheinfelsquellen社の年間平均の使用水量は、1充填工場あたり3,000 m3でした。コストで言うと、1充填工場あたり年間平均で10,000ユーロに達します。このような水の使用を削減、あるいは排除するためにドライ真空ポンプが検討され、 最適なソリューションとして選ばれたのがBusch Vacuum SolutionsのMINKクロー真空ポンプです。この真空ポンプは封液などの作動流体を使いません。したがって今まで必要だった水が不要になります。まず、MINKクロー真空ポンプ1基(図2)を工場に試験的に設置しました。少量の井戸水が真空ポンプに吸い込まれることもあるため、上流にはセパレーターを設置しました。真空ポンプへの水の侵入を防止するこのセパレーターは、 完全な自律型です。ある程度の水が溜まっても運転中に自動的に空になるため、分離性能に影響が出ることはありません。つまり、週5〜6日3交代制での稼働中に全自動で水のデガッシングが行われるということになります。
Rheinfelsquellen社は、最初のMINKクロー真空ポンプの導入成功を受けて、さらに3つの充填工場をこの最新の真空テクノロジーに切り替え、使用水量を大幅に削減しました。MINKクロー真空ポンプは、完全にドライな非接触式の動作原理のため、ほぼメンテナンスフリーです(図3)。メンテナンス契約では、すべての真空ポンプが正常に機能しているかどうか、Buschのサービスエンジニアが1年に1回チェックすると規定されています。さらに、お客様には24時間対応のサービスホットラインをご利用いただけます。