Dolphin-LiquidRingVacuumPumps.svg
水封式真空ポンプ

技術仕様

水封式真空ポンプは通常、封液として水を使用します。プロセス条件で必要な場合には、他の液体を使用することも可能です。 偏心して取り付けられたインペラーが、ハウジング内部で回転します。 このハウジングには、インペラーのベーンが浸水する程度の量の水が入ります。 インペラーの回転とそれに伴う遠心力によって、ハウジング内の液体はいわゆるリキッドリングを形成します。 ガスは各ベーンとリキッドリングで形成された空間に捕捉されます。 偏心して取付けられたインペラーにより、この空間の容量が変化し、その結果ガスが吸引・圧縮され、排出されます。

Dolphin

技術仕様

水封式真空ポンプは通常、封液として水を使用します。プロセス条件で必要な場合には、他の液体を使用することも可能です。 偏心して取り付けられたインペラーが、ハウジング内部で回転します。 このハウジングには、インペラーのベーンが浸水する程度の量の水が入ります。 インペラーの回転とそれに伴う遠心力によって、ハウジング内の液体はいわゆるリキッドリングを形成します。 ガスは各ベーンとリキッドリングで形成された空間に捕捉されます。 偏心して取付けられたインペラーにより、この空間の容量が変化し、その結果ガスが吸引・圧縮され、排出されます。

アクセサリー製品/技術的オプション
• 汽水分離器
• キャビテーション防止装置
• 熱交換器
• 空気エジェクター
• ノンリターンバルブ
• ドレンバルブ
• 真空リリーフバルブ

Dolphin


製品の詳細
下記までお問い合わせください (Busch 日本):
+81 (0)463 50 4020 連絡先
製品の詳細
下記までお問い合わせください (Busch 日本):
+81 (0)463 50 4020 連絡先

Standard News

トピックニュース
  • 化学および製薬プロセス向け真空技術
    化学および製薬プロセスにおいて、適した真空技術の選定には、しばしば困難がつきまといます。まず、当然ですが動作圧力で必要とされる排気速度と排気時間を達成できる真空システムが必要となります。次に、プロセスガスの影響を確認することと、影響する場合の対策が求められます。例えば、CIP(定置洗浄)やガス回収に関するすべての要件を満たさなければなりません。採用する真空技術の選定においては、信頼性と経済効...

Standard News

最新ニュース