真空テクノロジーで最大のラインアップ –
お客様ニーズに100%応えます

Technology-Vacuum-Pumps.jpg
テクノロジー
Oil-Lubricated Rotary Vane Vacuum Pumps

ロータリーベーン真空ポンプ

技術仕様

ロータリーベーン技術は、技術的にシンプルな真空原理です。 潤滑油の循環、厳選された材料と材質、さらに最先端かつ精度の高い製造工程から、連続運転でも一貫して高い真空レベルが実現可能です。 標準装備のオイルセパレーターは、オイルリターン機能を備えた高性能のオイル分離システムで、排気はクリーンかつオイルフリーです。 ガスバラスト(オプション)を装着することで、限られた許容範囲の水蒸気を取扱うことも可能になります。 インレットフランジに配置されたノンリターンバルブは、真空ポンプのスイッチがオフにされた時の、真空チャンバーへの空気逆流を防ぎます。
 

Dry Claw Vacuum Pumps and Compressors

クロー真空ポンプ

技術仕様

クロー式真空ポンプでは、2本の爪(クロー)型ローターがシリンダー内部で互いに逆方向に回転します。クロー間で空気やガスを捕捉し、圧縮、そして排 気します。クローローターが互いに接触したり、シリンダーと接触したりすることはありません。シリンダーとクローローターのクリアランスは精密に調整され ており、内部の気密性を最適化し、一貫した高排気性能を確かなものにします。タイミングギヤにより、クローローターの正確な同期回転を確実 に行います。

Dry Screw Vacuum Pumps

スクリュー真空ポンプ

技術仕様

ドライスクリュー式真空ポンプは、1段式のツインスクリュー真空ポンプです。 2つのスクリューローターがシリンダー内部で回転します。吸引されたガスは個々のスクリューチャンバーに捕捉され、圧縮し、排気口へ排気されます。 圧縮プロセス中は、2つのスクリューローターが互いに接触したり、シリンダーと接触したりすることはありません。 圧縮チャンバーは、潤滑油や作動液を一切必要としません。 水冷システムは、直冷式、または空冷式熱交換器を利用したラジエーター冷却の両形式が選択可能です。

Roots Vacuum Pumps

ルーツ真空ポンプ

技術仕様

ルーツ真空ポンプのハウジング内部では、2つのローターが同期回転しています。 ローターは、その特殊形状と精巧な作りから、互いに接触したりハウジングと接触したりすることはありません。 これにより作動油を必要とせずに媒体を圧送することが可能となります。 ローターは、圧縮チャンバーと切り離されたギアボックス内の、シャフトエンドにある一組の歯車で回転します。本ルーツ真空ポンプは、直接フランジ部に取り付けられたモーターによって駆動します。高効率モーター(IE2、その他)もご相談ください。

 

Dry Running Rotary Vane Vacuum Pumps

ドライロータリーベーン真空ポンプ

技術仕様

ドライロータリーベーン真空ポンプは、定評のあるロータリー ベーン技術で動作します。 自己潤滑型ベーンのため、潤滑油等は一切不要です。 圧縮は、完全ドライプロセスで行われます。 厳密に調合された材質、圧縮チャンバー内の特殊カーボンベーン、効率的な放熱、最新かつ高精度の製造工程によって、連続運転においても一貫して高い真空レ ベルを発揮します。

Rotary Lobe Blowers

ルーツブロワー

技術仕様

3葉式ロータリーブロワーのTyrは、実証されたルーツシステムで作動します。並列に配置された2本のローターが、ハウジング内で互いに反対方向に回転します。 ガスはローターとハウジング間のスペースで捕捉されます。捕捉されたガスがローターの回転運動によって圧縮、移送され、排気口から排出されます。 ブロワーステージの上流側に接続されているサイレンサーには、インレットフィルターが内蔵されています。 ガスはブロワーステージで圧
縮されると、下流側の排気サイレンサーを通過して排気されます。 駆動ユニットはVベルトを介してモーターで作動します。 Vベルトにより、ブロワー速度をプロセスに合わせて厳密に調整することが可能です。 Tyrロータリーブロワーは、真空、加圧仕様どちらの設計もほぼ同じです。
 

Liquid Ring Vacuum Pumps

水封式真空ポンプ

技術仕様

水封式真空ポンプ通常、封液として水を使用します。プロセス条件で必要な場合には、他の液体を使用することも可能です。 偏心して取り付けられたインペラーが、ハウジング内部で回転します。 このハウジングには、インペラーのベーンが浸水する程度の量の水が入ります。 インペラーの回転とそれに伴う遠心力によって、ハウジング内の液体はいわゆるリキッドリングを形成します。 ガスは各ベーンとリキッドリングで形成された空間に捕捉されます。 偏心して取付けられたインペラーにより、この空間の容量が変化し、その結果ガスが吸引・圧縮され、排出されます。
 

Side Channel Blowers

サイドチャネルブロワー

技術仕様

サイドチャンネルブロワーは、インパルスの原理に基づいて動作します。すなわち、運動エネルギーによりホイールを回転させ、そのホイールにより気体を排出し、最終的に圧力へと変換します。モーターシャフトに直接取り付けられたインペラーと、特殊形状のハウジングとの間でサイドチャンネルを形成します。吸引されたガスは、サイドチャンネルで圧縮された後、一回転して排出されます。このような原理により、サイドチャネルブロワーは、真空およびブラストエアー源として使用することができます。モーター動力によりブロワーの排気/吐出性能が異なります。吸気口および排気口の2ヶ所に配置されたサイレンサーにより、静粛性の高い運転を実現します。
 

Scroll Vacuum Pumps

スクロール真空ポンプ

技術仕様

スクロール真空ポンプは、固定および旋回スクロールによって構成されています。 旋回スクロールは、固定スクロール内で動きます。 これによりスクロールの外周部からガスを吸引し、スクロール間で圧縮し、スクロールの中心に向かってガスを搬送します。

Turbomolecular Vacuum Pumps

ターボ分子ポンプ

技術仕様

ターボ分子ポンプシリーズは、タービンブレードの原理で動作します。高速回転するローターブレードは、気体分子に推進力を与え、初動のランダム運動から 制御された流れへとポンプ本体内で変化させます。吸気ポートから取り込まれた気体分子 は、ターボ分子ポンプの排気プロセスにより、ポンプ内を通過し排気ポートへと移送されます。 気体分子内でこの推進力を生み出すためには、 ローターブレードの先端の動きが高速である必要があります

Diffusion Vacuum Pumps

拡散真空ポンプ

技術仕様

拡散ポンプは、中央の多段ジェットに接続されているオイルボイラーで構成されています。 加熱された油が多段ジェットから超音速で排出され、その噴射流に取り込まれた気体分子は、重いオイル分子の推進力によってポンプ内部を移動します。 この一連の動きで、気体分子は低圧の吸気フランジから、フォアライン真空ポートへと移送され、ここでオイルが凝縮してボイラーに戻り、気体分子はバックポンプに吸引されます。