定評あるテクノロジー、定評ある設計 -
最良のソリューションを実現

DOLPHIN LM / LT – 各種産業
プロセス向けの確かな真空

Dolphin LM/LTシリーズは、ブッシュの新世代の水封式真空ポンプであり、定評のある技術のアドバンテージにさらなる改良を加えられています。

Dolphin LMは、大気圧から到達真空度 130 hPa(mbar)までの粗引き真空用途向けの1段式
真空ポンプです。Dolphin LTは、2段式の真空ポンプで、大気圧から 33 hPa(mbar)までの
範囲でお使いいただけます。Dolphin LM/LTシリーズは全13サ イズで展開しており、あらゆる
プロセスに適 合します。

封液は通常は水ですが、プロセス条件で必要な場合には、他の液体を使用することも可能
です。Dolphin LM/LT水封式真空ポンプは、シンプルなワンパスシステム、あるいは部分的
または完全な再循環システムで運用できます。
 

お客様のメリット:

  • 堅牢: 定評のある技術、粉体および ベーパーに対する優れた耐性
  • コンパクト: フランジ式直結モーター、ベース フレーム不要、一体型フローチャ ンネル
  • フレキシブル: 用途指向、水以外の封液を 使用可能、ATEX認証バージョン あり
    (Cat. 1 (i) IIB、T4)、耐腐食 性ステンレス製インペラー、ハウ ジングは鋳鉄(EN-GJL-200) または316グレードのステンレス素材 から選択可能
 

お問い合わせ
下記までお問い合わせください (Busch 日本):
+81 (0)463 50 4000 連絡先

アクセサリー & スペアパーツ

高い性能と信頼性

  1. 気水分離器
  2. 熱交換器
  3. ノンリターンバルブ
  • IECおよびNEMA基準を満たす標準モーター、IE3
  • ATEXモーター
  • キャビテーション予防
  • ガスエジェクタ
  • ドレンバルブ
  • 真空リリーフバルブ
  • ベースフレームに取り付けられたポンプセット


設計オプション

DOLPHIN LM/LT

ハウジング材質

  • 鋳鉄、EN-GJL-20(0標準)
  • ステンレス、316グレード(オプション)


インペラーおよびシャフトの材質

  • ステンレス、316グレード(標準)


Oリングの材質

  • Viton(標準)
  • PTFE(オプション)


シャフトシールエラストマー材質

  • Viton(標準)
  • FFKM(オプション)

封液システム

  • ワンパスシステム
  • 部分再循環システム(オープン回路)
  • 完全再循環システム(クローズ回路)
     

ATEX認証
Dolphin LM/LT水封式真空ポンプは、EUガイドライン2014/34/EU(ATEX)Cat. 1 (i) IIB、T4に準拠したバージョンもご用意しています。Dolphin LM/LTモデルには、さまざまなATEXバージョンと温度等級があります。

 


製品概要

DOLPHIN LM/LTシリーズタイプ ››

用途

各種産業プロセス向けの確かな真空 – 堅牢性と定評

真空乾燥
真空乾燥は、デリケートな素材を傷めることなく急速に乾燥させたい
場合に役立ち、品質や風味をキープする目的で、食品加工において
利用されています。また、プラスチック グラニュールからの水分の
除去や、複雑な機械部品の洗浄後の乾燥など、表面積の大きな素材
にも適しています。Dolphin LM/LT 真空ポンプは水や湿気に対する
耐性が高いため、乾燥プロセスに理想的な選択肢となっています。
乾燥プロセスの例:
 

  • フリーズドライ
  • 工業部品の洗浄/乾燥
  • プラスチックグラニュールの乾燥
  • セラミック素材の乾燥
  • 建築資材の乾燥
  • 廃水処理プラントにおけるスラリーの乾燥
  • 木材の乾燥と含浸
     

真空蒸留
真空蒸留とは、減圧した状態で蒸留を実行することです。圧力を
下げれば混合液の沸点が下がるため、揮発成分を十分に抽出する
ことができます。概して、水蒸気や気体の抽出には水蒸気耐性の
高い、非常に堅牢な 真空ポンプが必要です。
Dolphin LM/LT真空ポンプは、真空蒸留に最適です。
蒸留プロセスの例:
 

  • 化学および製剤技術
  • 研究所の技術
  • 食品処理技術

真空蒸発
真空蒸発は、真空蒸留と似たプロセスです。 減圧することで液体を
沸騰させ、その結果得られた蒸気を抽出します。このプロセスに
より、液体と固体、両方の濃縮物を製造できます。ここで使用
される真空ポンプには高い 水蒸気耐性が必要です。真空蒸発の
主な応用例は、食品処理技術、化学業界および産業廃水処理
システムに見られます。
 

  • 乳状液、酸、電解質などの液体の濃縮
  • 洗浄水の処理


滅菌
滅菌では、蒸気が滅菌チャンバーに注入され、その後に真空ポンプに
よって抽出されま す。この工程は数回繰り返される場合や、複数の
種類の蒸気が使用される場合もありま す。真空は、蒸気を完全に抜く
という作業を担っており、それによって次のサイクルで蒸 気を殺菌
チャンバーに注入できるようにな ります。滅菌工程後、滅菌された
対象物を乾燥する際にも真空が利用されます。滅菌工程は主に次の
ような場面で利用されています。
 

  • 食品製造
  • 食品包装の製造
  • 食品包装作業
  • 手術用具の準備
     

脱気
溶解物の脱気。例えばプラスチックやパスタ の押出成形などの溶解
工程では、製品の品質に著しい悪影響を及ぼす気体や蒸気が発生
します。そのため、押出形成機のスクリューゾーンでの溶解物の脱気
が必要となります。Dolphin LM/LT水封式真空ポンプは、堅牢な動作
原理により、プロセスで放出される空気、水蒸気およびその他の
ガスを完全に除去できるため、この用途に理想的です。


その他多数!


お問い合わせ
下記までお問い合わせください (Busch 日本):
+81 (0)463 50 4000 連絡先

ぴったりの製品が見つかりませんか?

Standard News

トピックニュース
  • 化学および製薬プロセス向け真空技術
    化学および製薬プロセスにおいて、適した真空技術の選定には、しばしば困難がつきまといます。まず、当然ですが動作圧力で必要とされる排気速度と排気時間を達成できる真空システムが必要となります。次に、プロセスガスの影響を確認することと、影響する場合の対策が求められます。例えば、CIP(定置洗浄)やガス回収に関するすべての要件を満たさなければなりません。採用する真空技術の選定においては、信頼性と経済効...

Standard News

最新ニュース