定評あるテクノロジー、定評ある設計 -
最良のソリューションを実現

PUMA WPA 040 - 075 A

  • 高効率性:
    最小限の運用コスト
  • 高信頼性:
    堅牢な構造、さまざまな運転条件下 での信頼性、微粒子に対する耐性 を備えた堅固なローターデザイン
  • 卓越した性能:
    効率的に高い排気速度を実現
  • サービスのしやすさ:
    最小限のメンテナンス
     

高い排気速度と最大圧力により、Puma WPA メカニカルブースターポンプは、真空ポンプ の性能を高めます。Puma WPAメカニカル ブースターポンプにはさまざまなサイズが 用意されており、バックポンプの性能を大幅 に高めたい場合やプロセスに最適なサイズ 選定をしたい場合に、低真空から中真空の 領域でフレキシブルに構成することが可能 です。Puma WPA 040 – 075 Aは、このシリ ーズの中では小型に分類されるメカニカル ブースターポンプです。

Puma WPAは、あらゆるタイプのバックポン プに適応するメカニカルブースターポンプ です。バックポンプとメカニカルブースター ポンプの組み合わせを利用すると、真空シ ステムの排気速度と到達真空度を最高で 10倍にまで高めることができます。結果と して、通常なら大量のバックポンプを用いる ことでしか達成できない排気性能を、この 組み合わせで実現することができます。

Puma WPAメカニカルブースターポンプの 制御は、真空スイッチで行うことが可能で す。スイッチをオンにしておくことで、設定圧 力に達するとブースターが作動するように なります。他にも、周波数コンバーターで制 御するタイプのPuma WPメカニカルブース ターポンプも。

Puma WPAメカニカルブースターポンプは、 システムの適所に取付けることが可能です。


Puma – 性能の最適化を 経済的に実現

Puma – 性能の最適化を 経済的に実現

お問い合わせ
下記までお問い合わせください (Busch 日本):
+81 (0)463 50 4000 連絡先

技術仕様

技術仕様
Puma WPAメカニカルブースターポンプの ハウジング内では、2本のローターが同期 回転しています。ローターの特殊形状と精 巧な作りにより、ローター同士、あるいはロ ーターとハウジングが接触することはあり ません。したがって、プロセスチャンバー内 に潤滑剤や作動流体は不要です。2本のロ ーターは、プロセスチャンバーから切り離さ れた一対のギアによって駆動します。Busch のメカニカルブースターポンプは直結式の IE3モーターで駆動されます。

外形図 PUMA WP A040 - A075 A
PUMA WP A040 - A075 A
排気速度

20 °C空気の場合。誤差: ± 10%

50 Hz 60 Hz
排気速度
テクニカルデータ PUMA WPA 040 A PUMA WPA 055 A PUMA WPA 075 A
設計排気速度 3850 m³/h 5500 m³/h 7350 m³/h
排気速度 3500* m³/h 4900 m³/h* 7300 m³/h***
最大差圧 75 (100)** hPa (mbar) 80 (100/53)** hPa (mbar) 100 hPa (mbar)
定格モーター出力 11.0 (15.0)** kW 15.0 (18.5) kW** 18.5 kW
定格モーター回転数 3000 min-1 3000 min-1 3000 min-1
質量 580 kg 770 kg 840 kg
外形寸法(L x W x H) 1606 x 652 x 510 mm 1629 (1673) x 800 x 630 mm 1813 x 800 x 630 inches
ガスインレット/アウトレット DN 200 PN 10 / DN 200 PN 10 DN 200 PN 10 / DN 200 PN 10 DN 250 PN 10 / DN 250 PN 10
* 1台のCOBRA NC 2500をバックポンプとして使用 ** プロセス評価後に利用可能なオプション *** 2台のCOBRA NC 2500をバックポンプとして使用

技術仕様

技術仕様
Puma WPAメカニカルブースターポンプの ハウジング内では、2本のローターが同期 回転しています。ローターの特殊形状と精 巧な作りにより、ローター同士、あるいはロ ーターとハウジングが接触することはあり ません。したがって、プロセスチャンバー内 に潤滑剤や作動流体は不要です。2本のロ ーターは、プロセスチャンバーから切り離さ れた一対のギアによって駆動します。Busch のメカニカルブースターポンプは直結式の IE3モーターで駆動されます。

外形図
PUMA WP A040 - A075 A
PUMA WP A040 - A075 A
排気速度

20 °C空気の場合。誤差: ± 10%

50 Hz
60 Hz
排気速度
テクニカルデータ PUMA WPA 040 A PUMA WPA 055 A PUMA WPA 075 A
設計排気速度 3850 m³/h 5500 m³/h 7350 m³/h
排気速度 3500* m³/h 4900 m³/h* 7300 m³/h***
最大差圧 75 (100)** hPa (mbar) 80 (100/53)** hPa (mbar) 100 hPa (mbar)
定格モーター出力 11.0 (15.0)** kW 15.0 (18.5) kW** 18.5 kW
定格モーター回転数 3000 min-1 3000 min-1 3000 min-1
質量 580 kg 770 kg 840 kg
外形寸法(L x W x H) 1606 x 652 x 510 mm 1629 (1673) x 800 x 630 mm 1813 x 800 x 630 inches
ガスインレット/アウトレット DN 200 PN 10 / DN 200 PN 10 DN 200 PN 10 / DN 200 PN 10 DN 250 PN 10 / DN 250 PN 10
* 1台のCOBRA NC 2500をバックポンプとして使用 ** プロセス評価後に利用可能なオプション *** 2台のCOBRA NC 2500をバックポンプとして使用

ダウンロード

PUMA WPA 040 - 075 A

ぴったりの製品が見つかりませんか?

Standard News

最新ニュース