定評あるテクノロジー、定評ある設計 -
最良のソリューションを実現

DOLPHIN LX 0260–0430 C

水封真空ポンプ

堅牢性
実証済みの技術、信頼性の高い運転、優れたベーパーおよび粉体への耐性、防錆ステンレス製のインペラー
コンパクト
モーター直結式、ベースフレーム不要
フレキシブル
ハウジングの材質は鋳鉄(EN-GJL-200)または316グレードのステンレスから選択可能、ATEX認証バージョン(Cat. 2 (i) IIB, T4)、水以外の封液を利用可能

技術仕様

外形図 DOLPHIN LX 0260–0430 C
DOLPHIN LX 0260–0430 C
排気速度

20 ℃ 空気の場合。誤差: ± 10%

50 Hz 60 Hz
排気速度
テクニカルデータ LX 0260 C LX 0330 C LX 0430 C
設計排気速度 200 m³/h 280 m³/h 375 m³/h
到達真空度 33 hPa (mbar) 33 hPa (mbar) 33 hPa (mbar)
定格モーター出力 5.5 kW 7.5 kW 11.0 kW
定格モーター回転数 1450 min-1 1450 min-1 1450 min-1
騒音値(ISO 2151) 72 dB(A) 72 dB(A) 72 dB(A)
質量 130 kg 144 kg 219 kg
外形寸法(L x W x H) 635 x 365 x 402 mm 706 x 365 x 402 mm 818 x 425 x 506 mm
ガスインレット/アウトレット DN 50 PN 16 / DN 50 PN 16 DN 50 PN 16 / DN 50 PN 16 DN 50 PN 16 / DN 50 PN 16

アクセサリー & スペアパーツ

  • 部分再循環、または完全再循環システム
  • 気水分離器
  • キャビテーション防止機構
  • 熱交換器
  • ガスエゼクター
  • 多様なモーター選択肢
  • 逆止弁
  • 真空リリーフバルブ
  • さまざまな封液を利用可能
注文する、あるいは詳細を問い合わせる

DOLPHIN LX 0260–0430 C

水封真空ポンプ

堅牢性
実証済みの技術、信頼性の高い運転、優れたベーパーおよび粉体への耐性、防錆ステンレス製のインペラー
コンパクト
モーター直結式、ベースフレーム不要
フレキシブル
ハウジングの材質は鋳鉄(EN-GJL-200)または316グレードのステンレスから選択可能、ATEX認証バージョン(Cat. 2 (i) IIB, T4)、水以外の封液を利用可能

技術仕様

外形図
DOLPHIN LX 0260–0430 C
DOLPHIN LX 0260–0430 C
排気速度

20 ℃ 空気の場合。誤差: ± 10%

50 Hz
60 Hz
排気速度
テクニカルデータ LX 0260 C LX 0330 C LX 0430 C
設計排気速度 200 m³/h 280 m³/h 375 m³/h
到達真空度 33 hPa (mbar) 33 hPa (mbar) 33 hPa (mbar)
定格モーター出力 5.5 kW 7.5 kW 11.0 kW
定格モーター回転数 1450 min-1 1450 min-1 1450 min-1
騒音値(ISO 2151) 72 dB(A) 72 dB(A) 72 dB(A)
質量 130 kg 144 kg 219 kg
外形寸法(L x W x H) 635 x 365 x 402 mm 706 x 365 x 402 mm 818 x 425 x 506 mm
ガスインレット/アウトレット DN 50 PN 16 / DN 50 PN 16 DN 50 PN 16 / DN 50 PN 16 DN 50 PN 16 / DN 50 PN 16

アクセサリー & スペアパーツ

  • 部分再循環、または完全再循環システム
  • 気水分離器
  • キャビテーション防止機構
  • 熱交換器
  • ガスエゼクター
  • 多様なモーター選択肢
  • 逆止弁
  • 真空リリーフバルブ
  • さまざまな封液を利用可能
注文する、あるいは詳細を問い合わせる
電話でのお問い合わせはこちら: +81 (0)463 50 4000

ダウンロード

ぴったりの製品が見つかりませんか?

Standard News

トピックニュース
  • 化学および製薬プロセス向け真空技術
    化学および製薬プロセスにおいて、適した真空技術の選定には、しばしば困難がつきまといます。まず、当然ですが動作圧力で必要とされる排気速度と排気時間を達成できる真空システムが必要となります。次に、プロセスガスの影響を確認することと、影響する場合の対策が求められます。例えば、CIP(定置洗浄)やガス回収に関するすべての要件を満たさなければなりません。採用する真空技術の選定においては、信頼性と経済効...

Standard News

最新ニュース