廃棄物ゼロ - 真空工程で街をクリーンに

廃棄物ゼロ - 真空工程で街をクリーンに

ごみ箱、ごみ収集車、騒音がなく、排気も少ない - 集中真空システムが廃棄物処理にまったく新しいアプローチを提供します。
03_City.jpg

第一次世界大戦後、ニューヨーク市の人口は550万人を超え、ロンドンを抜いて世界最大の都市となろうとしていました。当時、すでに最も近代的な都市ではありましたが、毎日1,000トンを超える馬糞を処分しなければならず、言うまでもなく人間が出す廃棄物もありました。そこで、1922年、『Science and Invention』という雑誌が、市内全体を網羅する集中真空システムでこれらの膨大な量の廃棄物を処理するというアイデアを出しました。

1961年以来の実績

この素晴らしいアイデアは、やや時期尚早の感はありますが、まったく非現実的なものではなく、その後1961年には実証されるに至りました。その年、スウェーデンのソレフテオにある病院が、真空を利用した初の集中廃棄物処理システムを設置しました。4年後、同じくスウェーデンのÖr-Hallonbergenで、住宅地のごみ収集を担う最初のシステムを導入しました。現在では、世界で同様のシステムが1,000件以上利用されていると推測されます。導入事例は増加傾向にあり、減速の兆しはありません。

もちろん、廃棄物処理システムの運用には特別なインフラが必要です。真空は中央ステーションで生成されます。吸引された廃棄物もそこに集められ、さらに処理されます。廃棄物は最高時速70kmで地下の配管システムを通過し、中央ステーションに到着します。配管のもう一方の端には受入装置が配置されています。ごみ箱にごみを捨てるように、その装置にごみを捨てることができます。

集中廃棄物処理のメリット

プラスチック製のごみ箱とごみ回収車を利用した従来の廃棄物処理と比べて、真空技術には多くのメリットがあります。たとえば、廃棄物を集めるための車両が不要となります。これにより、車両関連の騒音や二酸化炭素排出がなくなり、交通量も減少します。エネルギー使用量と環境負荷も、集中システムによって大きく改善されます。

さらに、一定量に達すると内蔵のセンサーがそれを認識するため、廃棄物処理ステーションが溢れてしまうということもありません。センサーの認識によりバルブが開き、中身が吸い出されます。システム全体が密閉されているため、そもそも衛生上の問題が発生するのを防止できます。

衛生面はレストランや食品業界にとって特に重要です。野菜屑、果物の皮や種、あるいは食肉処理での動物の血液や食べられない部分など、毎日大量の有機廃棄物が出ます。真空を利用することで、これらの廃棄物を配管システムを通じて衛生的かつ迅速に収集場所へ運ぶことができます。


廃水の削減とリサイクルの向上

従来型の廃棄物処理では、この種の残留廃棄物を取り除くために、しばしば水が使用されます。真空技術を利用することで、この工程で発生する膨大な量の廃水を大幅に削減できることになり、廃棄物処理費用の大幅な削減も実現します。集められた有機廃棄物は、焼却、バイオガスへの転換、あるいは栄養豊富な肥料の原料として、有効に活用することができます。

産業界だけでなく、集中真空システムは、特に人口密度の高い住宅地域や、病院、空港、ショッピングセンターなどの大型施設でも既に活用されています。また、多くの意欲的な都市計画プロジェクトにおいて重要な要素となっています。たとえば、中国やアラブ首長国連邦のほか、ヨーロッパの多くの都市でもこのようなプロジェクトが進められています。この分野の専門家も、集中真空システムはこれからの廃棄物処理技術において非常に重要な役割を果たすだろうと述べています。

ブッシュは、1980年代以降、多くの国で廃棄物処理システム向けに真空技術を提供してきました。


集中廃棄物処理のメリット

道路脇のプラスチックのごみ箱とごみ回収車を利用した既存の従来型の廃棄物処理システムが完璧に機能しているのに、廃棄物処理の真空システムに投資する理由は何でしょうか?システムのメーカーによると、多くのメリットがあり、真空システムへの投資は、それによって実現できる節約額によって回収できるとのことです。

現在、公共の場のごみ箱はごみで溢れているのが常ですが、廃棄物処理ステーションでセンサー制御によるごみ捨てが行われるようになれば、そのような光景はなくなるでしょう。廃棄物回収のための大型トラックが不要となり、騒音や汚染が緩和され、都市の中心部やその近隣にある歴史的な名所にとっては、特に渋滞改善のメリットがあります。エネルギー使用量と環境負荷も、集中システムによって大きく改善されます。検出と分別を自動で行えるような、色の異なるゴミ袋を使うなど、廃棄物の分別も可能です。

有機的リサイクル

有機廃棄物の除去における真空の利用は、特に食品加工において有益です。この用途では、必要なのは小さな配管のみであり、それらを既存のシステムに取り付けることもできます。真空により、廃棄物は迅速かつ衛生的に収集場所へ運ばれます。このプロセスでは、追加ですすぎ用の水を使う必要はなく、収集を待っている間に廃棄物に害虫がたかることもありません。

収集された食品廃棄物は、焼却、発酵システムでのバイオガスあるいはバイオエタノールへの転換に利用できるほか、水熱炭化(HTC)処理で褐炭への転換も行うことができます。さらに、集められた有機廃棄物の栄養分を利用し、家畜の飼料としたり、栄養豊富な肥料の原料として利用することもできます。


ニュースレター「World of Vacuum」の配信をお申し込みください。
真空に関する最新のニュースを見逃さないよう、今すぐ配信登録をしましょう。

購読