甘美な樹液 - 真空利用でメープルシロップの収穫量をアップ

甘美な樹液 - 真空利用でメープルシロップの収穫量をアップ

世界中でカナダのメープルシロップの人気が高まっています。樹から直接樹液を取り出すために真空ポンプが利用されています。
Maple-Syrup-Production-3.jpg

伝承によると、先住民のイロコイ族がサトウカエデの幹の洞に溜まった水を飲み、 その樹液が甘くて美味しいことを発見しました。確かに北米の先住民は、コロンブスがやって来るはるか昔からサトウカエデの樹液を小さな容器に集め、それを煮詰めてシロップを作っていました。

その後、メープルシロップはヨーロッパからの移住者の目に止まり、その採取方法が引き継がれました。基本的な採取方法はそれから長らく変わらず、 新しい技術を活用して効率化が進んだのは、20世紀の後半に入ってからでした。樹に打ち込んだ採取口から滴り落ちる樹液をバケツに溜めるのではなく、採取口にチューブをつなぎ、 樹液が大きな回収容器に流れるようにしました。その流れを促すために真空ポンプが使われるようになったのもこの頃です。

しかし、この新しい方法には落とし穴がありました。カエデの樹液は、樹が冬眠を終えて芽吹きに備える春の時期しか収穫できません。この時期はまだ夜間の気温が低く、金属製の採取口や取付け器具が凍結して樹液の流れを妨げます。またそれら器具類の気密性も、高い真空レベルの維持には不十分でした。このような状況を受けて、カナダのDonald Lapierreは、1970年代にプラスチック製パーツを使用した採取装置を開発し、 メープルシロップの製造と販売を手がけるLes Équipements Lapierre(以下、Lapierre Equipment)を設立しました。

彼の考案した方法では、非常に効率的にカエデの樹液を集めることができます。プラスチック製の採取口は、それまでのものと比較してはるかに小型で、樹も傷めません。バーモント大学のメープルリサーチセンターは、真空テクノロジーの利用が樹木に及ぼす影響やシロップの品質について調査し、樹木の健康にも、シロップの品質にも悪影響がないという結果を得ました。

現在では、何千本もの樹をつなぐシステムで大量生産が行われています。ここで最近までカエデ農家に使われていた真空ポンプは、主に水封ポンプおよびオイル潤滑ロータリーベーンポンプでした。このようなポンプには定期的なメンテナンスが必要ですが、ミズーリ州からケベック州にかけての森林に点在する真空ポンプのメンテナンスは非常に骨の折れる作業です。

このときも、Lapierre Equipment社が最適なソリューションにたどり着きました。現在も創始者が経営に携わる同社は、BuschのMinkクロー真空ポンプシステムを採用した採取装置を提供しています。ドライ真空ポンプは作動液を使用しないため、ほとんどメンテナンスを必要としません。作動液不要のクリーンな真空生成は、食品への利用に最適です。Lapierre Equipment社のこのソリューションの功績をたたえ、BuschはInnovation in Vacuum Awardを2018年11月に贈りました。

メープルシロップの主成分はショ糖と果糖であり、 主に甘味料として利用されています。そのため、他の甘いものと同様に、摂り過ぎには注意が必要です。しかし糖分の含有量は66~68%に留まり、 砂糖や蜂蜜よりグリセミック指数(GI)への影響が大幅に低い一方、風味豊かな甘みが特徴です。

また、煮詰めるという製造工程はあるものの、メープルシロップは基本的には天然の食品であり、糖質と水分以外にも、 ビタミン、ミネラル、さらには抗菌作用を持つと言われているフェノールなど、貴重な成分が含まれています。実際に先住民の人たちは、メープルシロップを炎症や感染症の薬として利用していました。研究室のテストでは、メープルシロップの抽出物には高い抗菌効果があると証明されています。ある種の細菌に対する滅菌効果は90%以上でした。この研究はまだ始まったばかりですが、カエデのフェノールが耐性菌への新たな対策となることが期待されています。


ニュースレター「World of Vacuum」の配信をお申し込みください。
真空に関する最新のニュースを見逃さないよう、今すぐ配信登録をしましょう。

購読