シトラスの芳香 - 真空が最高の品質をお約束します

シトラスの芳香 - 真空が最高の品質をお約束します

エッセンシャルオイルは揮発性があるだけでなく、非常にデリケートです。その格別のクオリティーを維持するには精密に管理された蒸留プロセスが不可欠です。真空で沸点を下げることが、芳香につながります。
Destilation-bergamot-4.jpg

アールグレイのラベルを見たことがあれば「ベルガモット」の文字に気づいたと思います。これこそ、この人気のある紅茶に特別な風味を与えている物質です。ベルガモットが柑橘系の果物であることはあまり知られていません。これは、ビターオレンジとスイートライムまたはレモンを交配することによって品種改良されたと言われています。特徴的な香りのエッセンシャルオイルは、皮から作られます。このエッセンシャルオイルは、ほぼすべての香水や多くの化粧品に使用されています。その生産において、Buschの真空ポンプが重要な役割を果たしています。

カラブリア州の特産品

ベルガモットは主に南イタリアのカラブリア州で収穫されており、 ベルガモットオイルも、もっぱらこの地で生産されています。この果物の皮の特長は、この地域の土壌や、夏が長く、冬が穏やかで春に雨が多く降るという独特の気候によるものです。さらに2007年以降は、Consorzio di Tutela del Bergamotto(ベルガモット保護コンソーシアム)が品質をチェックし、原産地認定シールDenominazione d'Origine Protetta(DOP)を貼付しています。特徴的なアロマオイルは、カラブリアの他の柑橘類の果皮からも生産されます。

ベルガモットオイルは数十種類の成分からできています。主な成分はテルペンなどの炭化水素です。オイルを抽出するために、まず果物の皮を細かく刻んで圧縮し、固体成分を遠心分離機で分離します。そのあとに残った「原油」を蒸留し、実際の製品が作られます。いわゆる薄膜蒸発機では、液体が蒸発機の加熱された壁を、薄い膜のような状態で伝います。これにより、温度は急速に沸点まで上昇します。

大気温度で沸騰

大気圧での沸点は159℃ですが、蒸発装置内部を真空にすることで沸点を下げ、デリケートな製品を守ることができます。この工程にBuschの真空ソリューションが採用されています。これらのソリューションを利用することで、大気温度での蒸留も可能となります。ほかに、薄膜式蒸発の一種で非常に高い真空を必要とする短行程蒸留(SPD)のオペレーションも効率化します。

船に積まれて運ばれる最中、嵐にあい貨物がごった返しになったのが起源、という説がよく知られています。嵐の間に茶葉がベルガモットと混ざってしまいましたが、 アールグレイという名前の兵士はこれを見て、高価な植民地の品物を捨てるに忍びず、だめになっているかもしれないけれど、取り合えずいれて飲んでみようと考えたのです。面白い話ではありますが、真実味はありません。ベルガモットと茶葉を同じ船で輸送するには、茶葉がカラブリア産であるか、ベルガモットが中国産でなければ辻褄が合いません。

より信憑性の高い話としては、19世紀のグローバル化の先駆けだったアジアとヨーロッパのお茶の貿易の話が挙げられます。湿度が高く長時間におよぶ海路で繊細な茶葉の香りを損なわないようにするのは、非常に難しい課題でした。さまざまな物質や材料で風味を付けることにより、茶葉の保存期間が延びたり、少なくとも古い貨物の臭いを隠すことができました。ベルガモットは、この用途に特に適していることが証明されました。

1833年、当時のイギリス首相であり伯爵(Earl)の爵位を持ったチャールズグレイ(Grey)が、東インド会社の中国とのお茶の貿易の独占に終止符を打ちました。その後、茶葉の価格が下がり、多くの人々が紅茶を手頃な価格で楽しめるようになりました。アールグレイという名前は、おそらく、この政治家の行動を讃え、それに敬意を表するためのものだと考えられています。


ニュースレター「World of Vacuum」の配信をお申し込みください。
真空に関する最新のニュースを見逃さないよう、今すぐ配信登録をしましょう。

購読