Minkクロー真空ポンプによるエネルギーコストの削減と木材加工効率の向上

Fritz Becker KGは、約80年前に設立され、成形木製コンポーネントの専門メーカーとして高い評価を得てきました。同社は、複数のCNC加工機を運用しています。その真空供給の交換時期となったとき、Becker社の経営陣はドライ式Mink真空技術によるBuschの集中システムを選択しました。試運転の数カ月間でエネルギーおよび保守費用が大幅に削減されました。
Becker+Brakel_Teaser_News_Web_Image.jpg

その非常に近代的な生産施設と垂直統合された生産方式により、Fritz Becker KG社は、顧客に求められるほぼすべての要件に対応することができます。コンポーネント用のベニヤ仕上げも自社で行っています。成形加工後、それぞれ2台の加工テーブルを有する合計10種類のCNC機により、コンポーネントのブランク材のミル加工、ドリル加工、研磨加工が行われます。その後、お客様の要望に応じて、さらなる加工が行われる場合もあります。

椅子の成形コンポーネントの加工に使用されるCNC輪郭加工ミル。コンポーネントは真空によってクランプ留めされています。


元々の設備は4台のCNC機で構成されており、それらに合計7台のドライ式ロータリーベーン真空ポンプで真空を供給していました。これらの真空ポンプのカーボンベーンは1年のうちに1、2回交換しなければならないため、保守と新品ベーンの費用が高額となっていました。テクニカルディレクターのMario Heiming氏と保守担当マネージャーのJörg Becker氏は、これらの費用を最小限に抑えたいと考えました。2007年、2台のCNCミル機が追加されましたが、その両方に最新のBusch 製Minkクロー真空ポンプが2台搭載されていました。これらの真空ポンプは信頼性が極めて高いことが実証され、保守作業をほぼ必要とせずに3交代制で運用されました。

その結果、Buschのクロー真空技術の専門家にご連絡いただき、既存の7台のロータリーベーン真空ポンプの交換をご用命いただきました。Busch は、4台のMinkクロー真空ポンプによる集中真空システムで4台のCNC機に真空を供給することを推奨しました。4台のMinkクロー真空ポンプの理論上の最大排気速度が既存の7台のロータリーベーン真空ポンプの出力を下回っていることから、Becker社の経営陣は、当初この案に懐疑的でした。とは言うものの、Busch 真空システムの設置が決まり、2015年8月に試運転が完了しました。その結果は目を見張るものでした。定格排気速度が低いにもかかわらず、新システムは、古いロータリーベーン真空ポンプの性能をはるかにしのぎ、エネルギー消費量が約40%も削減されました。新システムは非接触式の動作原理のため摩耗が無いほか、システムの耐用年数を通じて一貫して高いレベルの排気速度を維持します。

この実績が高く評価され、さらに2台のMinkクロー真空ポンプを集中システムに統合することが決まりました。このアップグレードにより、システムは合計で6台の大型CNC機に集中的に真空を供給できるようになりました。負荷が増加しても、これらの真空ポンプが連続して動作することはありません。真空システムには十分な余裕があったため、順時、加工、ハンドリングおよびクランプ留め作業用の複数の小型機械が真空ネットワークに追加されてきました。これらの機器でそれまで使用していた分散型の真空ポンプを取り外せたことで、さらにエネルギーコストが削減されました。

テクニカルディレクターのMario Heiming氏が年間に必要とされるエネルギーの削減量を計算したところ、合わせて200,000 kW/hが節約できるという結果が算出されました。

この計算には、保守に関する節約分は含まれていません。高額なカーボンベーンの交換が不要となるため、部品代、作業費そして生産のダウンタイムが発生しなくなります。

Becker社のマネージャーは、Minkクロー真空ポンプによるBuschの集中真空システムの設置を決めたことに、非常に満足しています。

Fritz Becker KGについて
1936年、Fritz Becker氏はノルトライン=ヴェストファーレン州ブラーケルにコンポジットパネルを製造する会社を立ち上げました。1967年に成形木製部品の製造を開始し、1989年には成形コンポーネントの裁断に初めてCNC機を使用しました。同社のブラーケルの施設では現在、300人近くのスタッフが働いており、主に家具業界向けのコンポーネントを製造しています。そのほとんどが椅子やその他の家具アイテム用の部品であり、後にヨーロッパ、日本およびオーストラリアの顧客によって加工されることになります。Becker社の製品のその他の顧客としては、インテリア装飾の専門家や家具取り付けの施工業者などが挙げられます。


カテゴリー
お問い合わせ
下記までお問い合わせください (Busch 日本):
+81 (0)463 50 4000 連絡先