小さくてパワフル – 完全ドライな集中真空システムをクリニックに導入

デンマークの Viborg にある脊髄損傷専門施設である VCR センターは、2014年3月に開業しました。当該施設は 34 床で、脊髄損傷患者の回復を目指したケアを提供します。この近代的クリニックにドライ運転の Mink クロー真空ポンプを使った集中真空システムを導入しました。
図1:2014年に開業したデンマークの脊髄損傷専門施設VCRセンター。Source: Busch Dienste GmbH
図1:2014年に開業したデンマークの脊髄損傷専門施設VCRセンター。Source: Busch Dienste GmbH

VCRViborgは脊髄損傷患者のための独立した施設として運営されていますが、Viborg 地域病院の神経医学部門の一部です。2014 年にクリニックが建設された際、経営陣が Busch の集中真空システムを選びました。Viborg 地域病院とその他の地域公共機関の管理するクリニックでも同等の Busch 真空システムが使用されていました。

この集中真空システムは Mink MV 0040 B クロー式真空ポンプ 3台と、上流に 500 リッターの真空リザーバー、バクテリアフィルター、そしてコントローラーで構成されます。システムは地下の機械室に設置され、病院内の 40 の病室と処置室、手術室に真空を供給しています。病院が比較的小規模なため、Busch は排気速度 40m³/h の最小サイズのMink クロー真空ポンプを 3 台搭載したシステムを提案しました。3台の Mink の内 2台が真空リザーバーを 250mbar に保ちます。病院内のネットワークのどこかのデバイスが真空を必要とすると、エアーは真空リザーバーに流れ込みます。その結果タンク内の圧が上がると、1台のMinkMV 真空ポンプが自動ですぐさま決められた真空レベルまで戻します。MinkMV 真空ポンプは 3 台全て周波数コンバーターを備えており、真空リザーバーを 250mbar に保つのに必要最低限の出力に制御されています。すなわち、通常真空ポンプは極めて効率よく、控えめな速度で稼働しているのです。

2台目のポンプが作動するのは 1台目の出力で足りない場合のみです。システムは計算して設計されているため、2 台目が必要となるのは稀なケースです。コントローラーはポンプを代わる代わる作動させますので、各ポンプの累計稼働時間はほぼ同じです。3台目はスタンバイ用の予備ユニットで、タンクの圧力センサーにより冗長制御されます。タンク内の圧力が突如上昇するのをセンサーが検出した場合–システムのリークや他のポンプが停止しないと起こりませんが–スタンバイユニットが作動します。このように、万が一 2 台のポンプが故障したとしても、病院内の真空は確保されています。スタンバイユニットは他の 2 台のメンテナンス中にも使用できます。

当該システムは欧州規格 ISO 7396-1「医療用ガス配管システム–Part1:医療用圧縮ガス及び真空配管システムの配管システム(EN ISO 7396-1'Medical gas pipeline systems-Part1:Pipeline systems for compressed medical gases and vacuum')」を達成しています。
 


図2: Busch MINK MV クロー真空ポンプを使用した, ViborgのVCR 集中真空システム。Source: Busch Dienste GmbH


Mink クロー式真空ポンプはドライ運転のメリットを有します。オイル潤滑式真空ポンプと対照的に、圧縮チャンバー内でオイルや水は全く不要です。非接触のクローテクノロジーなら可動部がお互い接触することが無いため、潤滑及び冷却液が不要、コンポーネントの摩耗もありません。Mink 真空システムは管理者のメンテナンス作業もほぼ必要ありません–オイル、フィルター、コンポーネントの交換も不要です。MinkMVのサービスは 8000 稼働時間毎のギアボックスオイル交換のみです。VCRViborg のシステム稼働時間の累計状況から計算すると、理論上は数年に一度のサービスで足りることになります。ただし、ポンプと真空リザーバーの間に設置されている 2 つのバクテリアフィルターは定期的な検査が必要です。これらのフィルターが、真空ポンプ経由で病院環境をバクテリア汚染するのを防ぎます。フィルターは並列で設置され、1 つずつ使用されます。遮断バルブがもう一方のフィルターへ空気の流れを向けている間に、真空の供給を止めずにクリーニングや交換を行うことが可能です。

VCRViborg での稼働は 1 年を超えましたが、病院の技術スタッフはこの集中真空システムに非常に満足しています。パフォーマンスは完璧で、第一回目のサービスまでも時間があり、メンテナンスは必要になっていません。現地デンマークの Busch がいつでも専門的サポートを提供できるというのも安心につながっています。


カテゴリー
お問い合わせ
下記までお問い合わせください (Busch 日本):
+81 (0)463 50 4000 連絡先