Removal-Icon.svg
除去

除去工程真空吸引で使用されるさまざまな真空技術をご紹介します。

真空による除去

除去工程のどこで真空を使用できますか?
真空は副生成物の除去が必要なさまざまな工程で使用されます。これらの用途は、食肉処理業界(例:屠体からの脊髄や鶏の羽の除去など廃棄部位の除去)から木材加工業界(例:製材くずの除去)まで広範囲に及びます。

この用途で使用される真空テクノロジーは、必要とされる排気速度や差圧、または到達真空度に応じて異なります。このため、この用途にはブロアーと各種真空ポンプが使用されます。適宜セパレーターを選択可能なため、除去した物質が真空ポンプまたはブロアーに接触するのを防止できます。

除去用途に特に適したブッシュの真空ソリューションは?
除去用途に最適な真空ポンプとブロアーは吸引の対象物と搬送方法/距離などの追加条件によって異なります。この用途に適した真空ポンプとブロアーを、ブッシュでは幅広くご用意しています。

比較的乾燥していて繊細な素材の除去/搬送が必要な場合は必ず、ミンク(Mink)クロー真空ポンプが使用されます。非接触式のミンク(Mink)クローシリーズはドライ運転で、さまざまな用途に適した最も経済性の高い真空生成を実現します。
より高い真空レベルが必要な場合は、ミンク(Mink)クロー真空ポンプに加え、実績の高いR5ロータリーベーン真空ポンプが使用されます。これらの堅牢な真空ジェネレーターはオイル潤滑式で、水蒸気に耐性のあるアクア仕様も用意しております。水分があり、湿った、重い素材の吸い出しに最適です。


比較的大量の搬送が必要な場合、サモス(Samos)サイドチャンネルブロアーまたはTyrロータリーローブブロアーが第一の選択肢です。これらのドライ圧縮式ブロアーは非常に高性能で、またサイズと仕様も豊富なためさまざまな用途で使用できます。

ブッシュのすべての真空ポンプには各種セパレーターを装備することができるので、確実に吸引物と搬送用エアの分離を行うことができます。

除去用途の真空使用例:
 

  • 下水の除去 - 旅客機および旅客船からの含水廃棄物の真空除去
  • 廃棄物除去 - 食品加工用
  • 集中真空クリーニングユニット - 効率的な真空クリーニング用
  • 体液除去 - 歯科/外科施術時
さらに情報をご覧になりませんか?
(Busch日本):では下記まで直接お問い合わせください (Busch 日本):
+81 (0)463 50 4020 連絡先
さらに情報をご覧になりませんか?
(Busch日本):では下記まで直接お問い合わせください (Busch 日本):
+81 (0)463 50 4020 連絡先

Standard News

最新ニュース