PneumaticConveying-Icon.svg
真空・加圧による空気搬送

粒子、粉末などのバルク品の空気搬送など、空気搬送プロセスで利用される真空・加圧技術をご覧ください。
 

真空・加圧による空気搬送

真空/加圧空気搬送システムが使用されるのはどこでしょうか?
ばら荷の空気圧搬送は、細粉、粉末、粒状物、流動物を迅速に信頼性の高い形で生産現場内を移動させることのできる、実績があり効率の高い搬送方法です。吸引式空気搬送と加圧式空気搬送は別のものです。それは真空で搬送するか加圧で搬送するかということです。


吸引式空気搬送は外気を汚染することなく、繊細な素材を搬送することが必要な場合に常に使用されます。吸引式空気コンベアシステムがおもに使用されるのは食品業界、樹脂処理業界の粒状物質搬送、製薬業界、化学業界です。

一方で加圧式空気搬送は、砂、砂利、セメントなど比較的重量のある素材に対して使用されます。

また、真空コンベアでは、濡れた廃棄物や木材チップの搬送など、水分を含む大量の素材の搬送も可能です。

真空搬送用途に特に適したブッシュシリーズは?
クローテクノロジー原理を使用するミンク(Mink)真空ポンプは、繊細な素材の空気圧吸引搬送で利用可能な最も経済的で、信頼性の高い、クリーンなソリューションです。吸い出された空気はドライ運転で圧縮されるので、ほぼメンテナンスフリーの運用ができます。

吸引搬送システムに使用される排気速度と真空レベルは、搬送速度、素材の特性、コンベアラインの長さ、パイプ径などさまざまな要素によって決まります。


より高い真空レベルが必要な場合は、ミンク(Mink)クロー真空ポンプに加え、実績の高いR5ロータリーベーン真空ポンプも使用されます。素材が比較的大量に搬送される場合、サモス(Samos)サイドチャンネルブロアーまたはTyrルーツブロアーをまず選択します。ブッシュ真空システムは、大規模、または複雑なコンベアシステム用に専用設計されており、お客様の設置現場に合わせて動作します。また、必要に応じてセパレーターとコントロールシステムを追加できます。

加圧式コンベアシステムのブッシュ真空/加圧ジェネレーターの実際の用途:
 

  1. 食品の空気圧吸引搬送
  2. ばら荷の加圧式空気コンベア搬送
  3. 樹脂ペレットの吸引式空気コンベア搬送
  4. 含水廃棄物の搬送
製品の詳細
下記までお問い合わせください (Busch 日本):
+81 (0)463 50 4020 連絡先
製品の詳細
下記までお問い合わせください (Busch 日本):
+81 (0)463 50 4020 連絡先

Standard News

最新ニュース