FormingPressing-Icon.svg
成形/プレス/ラミネート加工

成形真空引き、熱成形、ベニアプレス、樹脂注入成形(RTM)とフラットパネルディスプレイ/ソーラーパネルラミネーションなど、真空補助成形、加圧成形、ラミネート加工用途で使用される真空技術をご覧ください。

Laminating-Application-Slider.jpg
真空による成形、加圧成形、ラミネート加工

成形、加圧成形、ラミネート加工で使用される真空技術をご紹介します。

真空による成形、加圧成形、ラミネート加工

成形、加圧成形、ラミネート加工工程のどこで真空を使用できますか?
真空による成形、加圧成形、ラミネート加工は、産業界のさまざまな領域および製造技術の多くの分野で一般的な工程です。これらの工程は、多岐に渡る素材の結合または特定の型に成形するために使用されます。


成形の場合、明確に定義された真空を使用することが重要です。多くの製品に対して使用される確立された工程は熱成形です。これは樹脂フィルムの成形に使用されます。この工程の場合、樹脂フィルムを加熱して軟化させます。真空は型を通して与えます。これにより、加熱工程で軟化した状態のフィルムが型に引きつけられます。フィルムが冷えると、型の形状が維持されます。この方法は、食品やその他の日用品、さらには庭池の樹脂フォームの成形にも使用することができます。

真空によるプレスは木材加工業界で使用されます。例えば、複数層の木材を貼り合わせる場合や幾何学的形状のために機械加圧成形が使用できない場合などです。真空は、キッチンの化粧板など、ベニアや合成素材を木材の表面に固定するためにも使用できます。

真空によるラミネート加工は素材の異なる層を合わせるために使用される工程です。そして、半導体および電子機器業界でも一般的に使用されます。ソーラーモジュール、フラットスクリーン、スマートフォンディスプレイはこれを利用して作られます。

成形、加圧成形、ラミネート加工用途に特に適したブッシュの真空ソリューションは?

R5ロータリーベーン真空ポンプは、長年成形用途で高い評価を得ており、「最先端製品」として認識されています。


エネルギー効率に優れたミンク(Mink)クロー真空ポンプは、家具製造などの真空プレスに使用されます。より高い真空レベルが必要な場合は、R5ロータリーベーン真空ポンプをまずご検討ください。

コブラ(COBRA)スクリュー真空ポンプはガスや蒸気の排気パスに障害物がないため、ソーラーモジュール、フラットスクリーン、スマートフォンディスプレイの製造におけるラミネート加工工程で好まれる真空ポンプです。

成形用途の真空使用例:
 

  • 金型の真空引き - 風力発電プラント用ローターブレード製造用
  • 熱成形 - 梱包材の製造など


加圧成形用途の真空使用例:
 

  • ベニア真空プレス - 家具表面に合成ベニアを取り付ける場合
  • 真空補助樹脂注入成形(VRTM)


ラミネート加工用途の真空使用例:
 

  • フラットパネルディスプレイラミネート加工
  • ソーラーパネルラミネート加工
製品の詳細
下記までお問い合わせください (Busch 日本):
+81 (0)463 50 4020 連絡先
製品の詳細
下記までお問い合わせください (Busch 日本):
+81 (0)463 50 4020 連絡先

Standard News

最新ニュース