食品の凍結乾燥法

凍結乾燥は、凝華の物理過程に基づいています。これは、真空においては水が個体の凍結状態から直接気化する、つまり、氷が蒸発するというものです。乾燥する製品は最初に通常圧で急速冷凍されます。ここでは通常は低温液体ガスが使用されます。その後、真空状態にすると、製品内部で凍結した水分が凝華し、水蒸気として除去されます。この方法では、栄養、芳香成分、ビタミンの喪失の原因となる加熱や長時間の乾燥工程を経ずに食品から水分を抜くことができます。

これらの重要な成分は凍結乾燥の影響をほとんど受けません。この方法で水分を除去すると、食品内の成分はほとんど変化しません。乾燥した細胞はスポンジのような構造となり、製品を水に浸すと、その孔の部分に急速に水分が染み込みます。理想的な条件下では、凍結乾燥された食品を水で戻すと、生の食品とほとんど区別できなくなります。


凍結乾燥食品の一般的な例としては、インスタントコーヒーなどのインスタント飲料、スパイス、ミューズリー用のフルーツなどが挙げられます。凍結乾燥食品は、宇宙食にも利用される場合があります。


COBRA乾燥スクリュー式真空ポンプは、食品の凍結乾燥システムの乾燥室の真空化に特に適しています。作動液を使用せずに必要な真空レベルに到達し、大気圧から真空到達までの動作範囲全般にわたって高い排気速度が保証されます。

お問い合わせ
下記までお問い合わせください (Busch 日本):
+81 (0)463 50 4000 連絡先
お問い合わせ
下記までお問い合わせください (Busch 日本):
+81 (0)463 50 4000 連絡先

最適な製品

Standard News

最新ニュース